IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

ヘッドハンティングのツール型とは何?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/05/08

今よりレベルや給与が高い、こうした企業に転職するには難も生じるはずです。自力では難しさもあり、活用すべきはヘッドハンティング会社という存在です。この場合には、サーチ型が採用されているようですが、サーチ型と2分する型があるようで、それはどんなものでしょうか。

しっかり情報をチェックしてから、求職活動を行いましょう。

 

求職者自身が登録する形となる形態

俗にいう人材紹介会社とは、専門職向けでもあり、求職者から広く認知されるまでになりました。そしてヘッドハンティングという言葉も周知されています。その形態も大きく分けると2つが存在しています。

ツール型(登録型)と呼ばれるものとサーチ型です。

では、ツール型とはどのようなものなのでしょうか。一言で説明すれば、多くの人材紹介会社や転職支援サイトではツール型(登録型)を採用しているほどポピュラーなものです。様々なジャンルの企業から求人依頼を受けるのですが。求人企業の要望は実に幅広く、合致する人材を求めます。

求職者は人材紹介会社に登録しますが、人材紹介会社はホームページや広告などを広く活用し、求職者や求人企業から登録を募るのです。登録している求職や転職希望者の要望と、求人企業の要望を踏まえてマッチングさせるのが、ツール型(登録型)なのです。

求職者は自分からも登録という形で活動ができ、求人企業も要望通りの人材を確保できます。求職者と企業、双方の間に入りコンタクトを取るのが、人材紹介会社の役割でもあるのです。

テレビや公共交通機関で広告を展開し、募っている大手の多くがツール型(登録型)を採用しているともいいます。求職者は、自分の意思でこうした支援サイトに登録することになり、意欲のある人材ということにもなります。

しかし、ツール型(登録型)は登録者数も多く、不特定多数の人材の集まりで、求人企業からすれば人材の宝庫ではあります。ですから登録数が多ければ、それだけヘッドハンティングされるにはハイレベル、ハードルも高い傾向にあるようです。

そして豆知識として、ヘッドハンターと転職エージェントという役割の違いをご存知でしょうか。混乱を招く原因の1つになっているようで、同じく国の許認可を受けており、業界の中でも分け隔てるものではないようです。

しかし、ヘッドハンターの多くは前金、マッチングするのかさえ不確かな時点での前払い方式ですが、転職エージェントは採用が決定した後の成果報酬をもらう、こうした違いがあります。

例えば、人材紹介会社(転職エージェント)と名乗りオファーがあることを伝えるより、ヘッドハンターとしてスカウトされるほうが求職者も気分がいいはずです。ちなみに、ツール型(登録型)に登録するのは外資系IT企業のリクルーターで、SNSのメッセージ機能でヘッドハンティングする事例も報告されています。

この形態を利用したいのは、ミドル世代に比べて積極的にも冒険ができる若い世代ではないでしょうか。事実、転職を視野に入れるのは20代後半です。

焦る必要もなく、冷静に現職と転職を吟味できる年代でもあるため、声がかかればある意味でラッキーという結論に至る年代です。転職だって、まだ先の話だけども登録だけしておくなど、焦りや後悔がない意見も耳にします。

 

3種類の形態に分けることができる

そもそも、ヘッドハンティングとは何なのかといえば、企業側から入社を促す行為、いわゆる引き抜きです。形態としては先に述べたようにツール型(登録)とサーチ型があり、王道は意外にもサーチ型なのだそうです。

では、サーチ型とは何なのでしょうか。こちらは、一般的な求人・転職市場で出会うことの少ない人材に直接的アプローチをかけられる内容です。サーチ型の最大の特徴は、求人企業から依頼される形で、多くの場合には重要なポストの人材探しを行っています。

例えば、事業計画として新規事業の展開が上げられていて、経営課題を解決できる経験・スキルを持つ人材を獲得したいがゆえ、ヘッドハンターが取次ぎを行うのです。声がかかれば、双方の関係は極めて対等、給与や福利厚生、働き方などの交渉も進めやすい可能性大です。

ちなみに、人材紹介会社と同じようにヘッドハンティング会社という枠組みもあれば、求人企業が直接動くこともあり、メインに取り組むことを俗にサーチファームと呼ぶようです。

手間をかけたくない場合には、スカウト活動のみをヘッドハンティング会社に依頼する、そうした求人企業もあるようです。また形態には、アウトプレースメント型(再就職支援型)と呼ばれるものもあります。

自社の社員の行く末を想い、他社に紹介する内容です。このように引き入れ方には3種類の形態があることが理解できます。それぞれにメリットやデメリットがあるため、求職者は数社に登録しておくことも一法です。

 

ツール型(登録型)で目安にしたいポイント

ヘッドハンティングを受けたいそう思っていても、ヘッドハンターとのコネクションがなかったり、経営者や経営幹部との接点がないことが一般的ですから、転職エージェントなどにキャリア相談するのも一法です。

また、アプローチできるのは求職中の人材のみ、優秀な人材は引き抜きができないなど、ある意味で優遇されています。そうした潜在的な人材をターゲットにスカウトできるのが、ヘッドハンティングの強み、醍醐味ではあります。

どの形態にしても、どのような人材が求められているのか、ここがオファーやスカウトされる分かれ道ではないでしょうか。第一に、新しい発想に優れていることです。多くの場合、新規事業開拓のためにアプローチされる傾向にあり、瞬発力のある人材へのニーズは高いようです。

登録数の多いツール型(登録)で自分をアピールしたり光らせるポイントになるのは、ジャンルを極めたり、技術力に付加価値を付けるということです。何にしても総合的にチェックされています。

声をかけられるということは、自分に何ができて、その企業で何をすべきか具体的に把握できているはずです。多数の登録数により声がかからない可能性を払拭させるためには、優良求人案件が豊富であることもポイントです。

企業には、非公開求人と呼ばれるホームページや求人広告に掲載できない求人案件があります。事業の動きを競合相手に悟られたくないなど、内々で依頼がかかるようで、魅力的な条件が多く、こうした優良会社に登録しておきましょう。

また、受け入れるだけでなく、要望に添わなくて断る場合もあるかもしれません。その場合、早めに断りの連絡を入れましょう。直接会ってしまうと決心が鈍ることや、相手はプロですから話術に乗せられてしまうことも無きにしも非ずですから、メールや電話で連絡を入れることが適しています。

 

企業に勤めていれば、光るものがあれば、競合相手となる企業からヘッドハンティングされることもあるようです。また、そうした企業から声をかけられるためには、ツール型(登録型)とサーチ型を知っておきましょう。

どちらもメリットやデメリットがありますが、求職者自らも行動に移ることができ、今ではない転職を考えるならば、複数社に登録しておくことが利に適っているようです。もちろん、求人企業も欲しい、求める人材が必ず獲得できるので、双方が利用しています。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧