IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

ヘッドハンティングには種類がある?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/05/08

ヘッドハンティングといってもいくつかの種類があります。それを把握していないと採用する企業側にしても採用される人材にしても対応がスムーズにいきません。

また、自身は優秀ではないと思い込んでいても、周りからは評価されていることがあります。そんな時、慌てることのないようにするためにも採用方法など知っておきましょう。

 

ツール型とはどんなものか調べてみよう

ヘッドハンティングにはいろいろな種類がありますが、広く知られているのはツール型です。これは登録型と言われることもあります。簡単に言うと、企業からヘッドハンティングされたいという人が人材紹介会社に登録するという方法です。企業側が希望する条件に適していればすぐに声が掛かります。

ところが、一つだけデメリットが挙げられます。それは誰でも手軽に登録できるという点です。そうすると、優秀ではない人材までまぜこぜに登録されてしまうこともあるでしょう。

優秀な人材を引き抜きたいという企業側にとっては、適した人材をその中から見つけ出す作業が大変になってしまいます。つまり、登録型の場合には不特定多数が集まってきてしまうというデメリットがあるわけです。当然、人材の質が低くなってしまうこともあります。

一方、ハイレベルな企業に転職したいと思っている人も、そのような企業から声が掛かるとは断定できません。どんな人でも登録できるからこそ、企業側もいろいろなレベルの企業が登録することになります。場合によってはハイレベルではない企業からしか声が掛からないということもあるでしょう。これでは双方にとって良くありません。

ツール型は使い勝手が良く情報量が多いものの、このようにデメリットもあります。確実に優秀な人材を求めたいという企業にとっては、あまり適した方法とは言えないのです。ツール型を利用する場合には、ある程度、妥協点を見つけておいた方がいいかもしれません。

もちろん、登録する人にとってもその点は頭に入れておきましょう。ツール型というと、初めて利用する人にとっては単なる転職エージェントと思ってしまう人も少なくありません。しかし、厳密に言うとそれは別物となります。転職エージェントの正しい利用方法を確認し、見極めた上で活用することをおすすめします。

 

サーチ型とはどんなものか調べてみよう

ヘッドハンティングの種類の中でも知られているものの一つにサーチ型が挙げられます。これは一般的な転職先を見つけるのではなく、優秀な人材をその能力や技術力を活かせるような職場に紹介するという、まさにヘッドハンティングの目的そのものを指す方法です。

自身が他社や他人にも知られるほど優秀な人材であるのなら、自然といろいろな会社から声が掛かるようになります。これなら自力で転職先を探す必要はありません。

ところが、実際にはなかなかそこまで優秀な人材がどこにでも埋もれているというわけではないことから、声が掛かることはないのです。声が掛かるようにするためには実績が重要となってきます。他社や他人にまで知られるような大きな実績を残せばいいのです。

例えば、何らかのコンクールで入賞したといった誰もが目にするような仕事を成し遂げた場合、これは大きな実績となることでしょう。このような人材が欲しいと思った企業から声が掛かるようになります。そのためにはスキルを磨いて、どんどん得意とする分野を極めていきましょう。

そうすれば、いろいろなところで自身が手がけた仕事が目につくようになり、ハイレベルな企業から声が掛かる日も夢ではなくなります。確実に優秀な人材を見つけたいという企業や、ハイレベルな企業に転職したいという人はサーチ型を狙った方が有効的です。

サーチ型は本物のヘッドハンティング会社と言えます。まず、スキルを磨いて優秀な人材になりましょう。ある程度の期間が必要になりますが、長い目で見ればその甲斐があります。

一方、採用側となる企業側も優秀な人材情報を収集するためのツールを確保しておきましょう。インターネットはもちろん、人材探しに協力してくれるような人材紹介会社をピックアップしておくことも大切です。

 

アウトプレースメント型とはどんなものか調べてみよう

ヘッドハンティングの種類の中でもあまり知られていないのは、アウトプレースメント型かもしれません。これは日本語で言うと、再就職支援型になります。例えば、倒産してしまったりリストラされてしまったりといった理由で無職になってしまう人もいることでしょう。

しかし、このような理由で無職になってしまうのは自身に原因があるわけではりません。中には能力のある人、技術力のある人もいるはずです。アウトプレースメント型というのは、そんな人たちを支援するための方法のことを指します。

具体的には、倒産やリストラで人員整理をしなくてはならない会社に対して、人材紹介会社がその人材を他社に紹介するという方法を指します。この方法だと、一つの会社からたくさんの人材を他社に紹介しなくてはならないので、とても大変です。

当然、全員を同じ会社に再就職させることはできません。よって、この中から優秀な人材を見つけ、優秀な人材から順に好条件の会社へ紹介していくことになります。優秀な人材なら早期にヘッドハンティング契約が完了するというわけです。

そうすると、特に何の技能もない人などは最後まで取り残されてしまいます。なかなか再就職先を見つけることはできません。それでも自力で探すよりはこのような人材紹介会社に任せてしまった方が効率的です。最後まで諦めずになるべく支援してもらえるような状況に持っていきましょう。

それから、採用される方法にも種類があります。一つは指名型スカウトです。これは求人する企業が採用候補者を特定するといった方法になります。もし、他社と指名が重なってしまった場合には競争となってしまうのです。

優秀な人材には時々このようなことが生じてしまいます。逆に指名された側にとっては嬉しい悲鳴です。じっくりと指名先を比較し、より良い条件の方を選択しましょう。

そして二つ目はロングリスト型というものなります。これは企業が採用したい人材を特定できず、ヘッドハンティング会社に依頼するという方法です。つまり採用を委託する形になります。人材選びのプロに任せることになるので効率的です。企業が指定した条件に合う人材を探してくれます。

その条件に合う人を絞り込んでリストアップしてくれるのです。絞り込みには多少の時間がかかり繰り返し面談をすることになりますが、時間をかけた分、ピッタリの人材を見つけ出すことも可能となります。

いずれにしても優秀な人材は奪い合いになってしまうことが多いので、見つけたら企業側はプッシュをかけましょう。好条件を提示したり、熱意や誠意を見せたりすることが大事です。もちろん真摯な対応をすることもポイントとなります。

また、スカウトマンには悪質的な業者が関わっていることもあるので気をつけましょう。

 

上記のとおり、ヘッドハンティングといっても大きく分けて三つの種類があることが分かります。ツール型をはじめ、サーチ型やアウトプレースメント型などもあるので、それぞれの特徴についてしっかり調べておくことが大事です。

それぞれ特徴があるだけではなく、対応の仕方も違ってくるからです。また、これらの種類を把握していないと騙されてしまうこともあります。この手の会社には悪質な会社もあるため、騙さないように気をつけましょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧