IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

ヘッドハンティングの断り方は?どう断ればいい?

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/05/07

ヘッドハンティングされた場合にはどうすればよいか困る人が多いです。とはいえ、しっかりと断り方などを知っておかないと思わぬトラブルを招くこともありますから気をつけておきましょう。

ここではそんなヘッドハンティングされた場合のポイントなどについて詳しく紹介しておきましょう。

 

 

もしヘッドハンティングされたらどうするか

ヘッドハンティングをされた場合にはいろいろとしておきたいことがあります。例えば、もしもリクルーティングを受ける気がないならば早めに断っておくことが大事です。待たせればそれだけ厄介なことにもなりやすいですし、失礼でもあります。

だからこそリクルーティングされて気がないようであれば早めに返信して断るようにしておいてください。早く断ることによって相手としても他の候補者に注力できます。逆に待たせることによって相手を苛立たせてしまうこともあるので気をつけておきましょう。

他にヘッドリクルーティングされた際の断り方もポイントです。例えば、電話でヘッドリクルーティングの案内を受けたのならば断りの電話をしておきましょう。メールでヘッドリクルーティングされたらメールで断るといったようにです。

こうしたことをすることによってより丁寧に断ることもできることでしょう。また、断る際にはリクルーティングを断る理由もしっかりと言っておきましょう。例えば「現在の仕事が好きだから」「他にしたいことがあるから」といったようにです。

こうした理由がないとリクルーティングする側も何が悪いのかわからないものです。とはいえ「リクルーティングオファーの給料が気に入らないから」「御社は魅力がないから」といったように本音を言っても仕方ありません。

できるだけ相手側の原因で断るのではないことを強調しておくことによってよりうまく断ることもできることでしょう。これもこれからリクルーティングオファーを断る際には参考にしておいてください。

また、せっかくリクルーティングオファーがあったのに完全に無視するのはおすすめできません。こうしたことをすると将来のリクルーティングオファーも全く来なくなることがあります。こうしたリクルーティングオファーを無視するデメリットについては後述しましょう。

 

他のポイントについても紹介

そもそもどうして断り方を、気をつけないといけないのか気になっている人もいるかもしれません。「転職する気がないのだから返信しなくても問題ない」と考える人もいるでしょう。これにはいろいろな理由があります。

例えば、ヘッドリクルーティングを専門的に行っている業者の存在があります。こうした業者からのリクルーティングオファーを無視したりすると次回にその業者を利用して転職する際などにかなり困ることがあるのです。担当者に覚えられてしまうこともあるでしょう。だからこそリクルーティングオファーが来たら無視しないでしっかりと対応しておくことが大事です。

また、リクルーティングオファーが来るということはあなたのことをかなり相手は知っているということです。あなたの経歴や職歴などもチェックしてからリクルーティングオファーが来ますから、適当に断ると思わぬ相手を怒らせることにもなりやすいです。

なんといってもリクルーティングオファーをするのはライバル企業の担当者などが多く、ライバル企業に今後世話になる場合にも適当にリクルーティングオファーを断ると問題になることがあります。だからこそライバル企業などから来たリクルーティングオファーはしっかりと断ると良いでしょう。

リクルーティングオファーが来たらそのことを上司などに伝えておくこともおすすめです。リクルーティングオファーが来たのに全く対応をしないでおくと上司に「他の会社に転職されるのでは」「ライバル企業に情報を持っていかれるのでは」と思われて仕事を任されなくなることがあります。

こうしたことを防ぐためにもリクルーティングオファーが来たらそのことを伝えておくことをおすすめしておきます。上司などと一緒にリクルーティングオファーの対応方法を探るというのも良いでしょう。

また、リクルーティングオファーを断ったのに何度も何度もリクルーティングオファーが来ることがあります。このようにしつこいリクルーティングオファーの場合には対応にも困るものでしょう。

もしも何度もリクルーティングオファーが来るといった際にはしっかりとリクルーティングオファーを断っておいてください。リクルーティングオファーを断る理由などをしっかり伝えないと相手にもしっかりと気持ちが伝わりませんから気をつけておきたいところです。

 

リクルーティングオファーについてもっと知っておく

リクルーティングオファーされたら本当に断るべきかも検討しておきましょう。リクルーティングオファーによってはかなり魅力的なものもあります。リクルーティングオファーは基本的に現在の給料条件などよりもよりよいことがあるので真剣に検討しておくことをおすすめしておきます。

また、リクルーティングオファーによってはあまりおすすめできないものも。例えば、ライバル企業によっては相手企業の役員などをリクルーティングオファーして内部情報を得た後に解雇するといったケースもあるのです。

このようなことをされると元の企業にも戻れずにかなり困ることがあります。だからこそ、これからリクルーティングオファーを受ける際にはその内容もじっくりと吟味しておいてください。

現在の会社で成功していてもリクルーティングオファーをされて移籍した後にも成功する補償もありません。リクルーティングオファーによって給料が下がってしまったなんて際にはたまりません。

だからこそ、リクルーティングオファーを受ける際には転職求人サイトなどともしっかりと相談しておくことをおすすめしておきます。最後にリクルーティングオファーを断ることによるリスクも理解しておいてください。

例えば、リクルーティングオファーを断った後にその会社に転職するのは難しくなることがあります。他にもリクルーティングオファーを断ったことが業界の人事で有名になって転職するのが難しくなることがあります。

更にリクルーティングオファーによっては一生に一度しか受けられないものもあります。このようなことからリクルーティングオファーをこれから受ける際にはしっかりと断ると良いかどうかを検討しておきましょう。

場合によっては受けたほうがよいことももちろんあるのです。もしも自分で決めきれない場合には同僚に相談したり転職エージェントなどにも話しを聞いておくと良いでしょう。こうすることによってより総合的な尺度が得られて後悔してしまうことが少なくなります。

 

リクルーティングオファーが来たのにその気がないならばすぐにでも断っておいてください。待たせるとろくなことにもなりませんから気をつけておきたいところでしょう。また、リクルーティングオファーを断る際にはその断り方なども大事です。

適当に断ると後で転職する際などに困ることもありますから注意しておきたいところでしょう。更にリクルーティングオファーが来たらその意図を探ったりすることも大事です。

リクルーティングオファーは一体どこから来ているのか理解することも大事でしょう。最後にリクルーティングオファーされたらよい機会かもしれないので断る前にじっくりと考えておくべきです

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧