IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

信頼できるヘッドハンティングか確認しよう

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/05/08

ヘッドハンティングされても一様に喜んではいられません。というのも、この手の業者には悪質業者も多数存在しているからです。

まず、信頼できるところからの話かどうか確認しましょう。準備万端にしておかないことには安心して転職することはできません。慎重に冷静に考えることをおすすめします。

 

その会社について詳しく調べてみよう

ヘッドハンティングされると自身のこれまでの努力が認められたと嬉しくなることでしょう。家庭を犠牲にしてコツコツと仕事をしてきたことが評価されたのなら、家族も喜んでくれるはずです。ところが、このような魅力的な話を鵜呑みにするわけにはいきません。

なぜ自分が評価されたのか考えてみましょう。自社内で評価されるのならまだしも、他社に評価されるというのは何か理由があるはずです。納得のできる信ぴょう性のある理由ではないと安心して転職もできません。その点は冷静になって聞いてみることが大事です。

それから、信頼できる会社ではないと安心して転職できません。その点も今一度じっくりと考えてみましょう。知名度があり、魅力的に感じられる会社なら一日でも早く転職したいと思う人もいるかもしれません。

しかし、転職してすぐに良いポジションにつけるとは限りません。その会社に転職するメリットを確認してみましょう。多くのヘッドハンティング会社では今の会社よりも好条件を出してくれます。お給料が倍になったり、手当がついたりといったことです。

少しでもメリットがあるのなら転職する甲斐があります。ところが、人材を引き抜く時だけ好条件を提示し、いざ勤務し始めたらその条件とは違ったということもよくあります。泣き寝入りとなってしまう人も少なくありません。

このようなトラブルが後々生じないようにするためにも、じっくりとその会社の実績や評判について調べることが大事です。調べ方にはいろいろあります。身近な人の意見を聞いたり、インターネットで調べたりといった方法です。

これらが主流ですが、実際に足を運んで会社の内部を見学させてもらうというのもいいかもしれません。見学を拒否するような会社には自信がないのか、見られるとまずいものがあるのかといった怪しい理由が考えられます。

見学できるかどうか聞いてみましょう。その時の態度などもよく観察しておいた方がいいかもしれません。対応が悪かったり、少しでも戸惑うような状態があったりするようなら、保留した方がいいかもしれません。

その場ですぐに返事をすることは避けましょう。返事をしてしまい、正式契約をしてしまうと、後でやっぱり辞めたということはなかなかできなくなってしまいます。

 

インターネットの情報を参考にしてみよう

ヘッドハンティングの話が舞い込んできたら、一旦、保留にしておきましょう。即決即断は危険です。というのも、いろいろな会社があるからです。もし、その会社が悪質的な会社だった場合、即決即断では後悔することになってしまいます。条件の良い話には何かあると疑った方がいいかもしれません。

返事を保留にしてやっておくべきことは、まず、その会社について調べることです。今の時代、インターネットで何でも情報を収集できます。その会社のホームページは必ず見ておきましょう。もちろん、ホームページは上手に作成できていることもあります。ホームページの情報だけでその会社の内情を知ることは難しいものがあります。

次にやっておくべきことは調査です。多少の費用がかかってもいいのなら、調査会社に依頼してみましょう。調査会社はその道のプロなので、徹底的にその会社について調べてくれます。いわゆるその会社の信用調査をするというわけです。

このようにして調べた結果、何の疑いも不安もないような会社だということが分かれば安心して転職することができるでしょう。信頼できる情報を収集することが大事です。

それから、インターネット上には口コミ情報を探すこともできます。その会社に勤めたことのある人の体験談などを探してみましょう。悪口ばかりの場合に、今一度、条件を見直した方がいいかもしれません。それに、離職者が多い会社には何か原因があるはずです。離職率なども調べられるようであれば調べてみましょう。

こうして様々な情報を収集すれば、信頼できる会社かどうか判断できます。もちろん、インターネット上の情報だけを参考にするのは良くありません。中には信憑性のない情報もあるからです。

後は自身の判断力・直感力・決断力といったものに頼ることになります。冷静な気持ちで向き合ってみましょう。短期間で決めると失敗することも多いため、ある程度の時間をかけて考えることをおすすめします。

 

身近な人に相談して決めることも大事

ヘッドハンティングの話をもらうと、多くの人は誰にも話さないようにするものです。その会社から正式な契約をするまでは内緒にするように言われることもあるからです。当然、あまり公にするような話ではありません。正式に契約するまでは水面下で話を進めた方がいいこともあります。

ところが、このように内緒にしておくことで悪質業者に騙されてしまうこともあるのです。多くの人はこのような話をもらうと有頂天になってしまいます。冷静な状態ではなく舞い上がっている状態では、的確な判断もできません。そこにつけこんで騙してくる悪質業者もあるため、まずは冷静になりましょう。

一人でこのような話を抱え込んでいると、的確な判断ができにくくなってしまいます。内緒にするように言われたとしても、家族などの身近な人には話しても構いません。というのも、転職することになるので家族の生活にも何らかの影響があるからです。

また、信頼できる身近な人にも相談してみましょう。会社の上司や同僚などに相談してみるのもいいかもしれません。それから、他業種の友人に相談するというのもおすすめです。

全く関係のない人に相談することで見えてくることもあるからです。いずれにしても冷静な視点になれるような人に相談することが大事です。こうして冷静に見つめていくことで、悪質業者かどうかも判断できます。

それから、ヘッドハンティングに関する情報に詳しい人に相談してみるのもいいかもしれません。友人や知人を介して探してみましょう。この手のことに詳しい人なら悪質業者かどうかもすぐに見極めてくれます。

また、おいしい話には裏があることも考えられます。どんな点に注意すればいいのかも教えてくれることでしょう。その道の専門家には相談しておいた方が無難です。騙されないようにするためにも、転職をして後悔しないようにするためにもじっくりと時間をかけて調査をすることがポイントです。

 

上記のように、ヘッドハンティングの話があった場合にはその内容を精査する必要があります。

まず、その会社について詳しく調べてみましょう。インターネットを使って調べるのもおすすめです。多少の費用がかかってもいいのなら、調査会社に頼んで調べてもらうというのもいいかもしれません。口コミ情報なども参考にしてみましょう。

それから、身近な人やこの手のことに詳しい人などに相談してみるのも大切です。第三者の意見は参考になります。中には悪質業者が絡んでいることもあるので、騙されないように気をつけることが何よりも大事です。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧