IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

ヘッドハンティングを受けた際の退職理由はどうする?

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/05/08

ヘッドハンティングを受けた場合、早急に現在の職場を退職しなくてはなりません。その際、どのような理由にするのか考えてみましょう。

正直にヘッドハンティングを受けたと言ってしまっていいのか、これは職場によって異なります。場合によっては現在の職場に迷惑をかけてしまうことになるからです。

 

正直に話してもいい時の内容とは

ヘッドハンティングを受けた時に現在の会社に退職理由を話すにはどうすべきか、悩んでしまう人は多いことでしょう。そのまま正直に理由を述べるのが一番簡単です。ところが、会社によっては嫌な顔をされてしまうこともあります。優秀な人材は特にそのまま定年まで勤めてほしいと会社側も思っているからです。

しかし、正直に話さないとなかなか辞めることはできません。どうすればいいのかというと、正直に話しても大丈夫な職場かどうか見極めることをおすすめします。普段から上司も部下も仲が良く、プライベートのことも話せるような職場なら正直に話していいかもしれません。心から好条件の職場への転職を喜んでくれることもあるからです。この上司なら喜んで送り出してくれるだろうと信頼できるのなら、正直な理由を話して早急に辞めさせてもらいましょう。

また、下手な嘘をついてしまうとかえって良くないこともあります。後で嘘がバレてしまった時に気まずい思いをしてしまうこともあるからです。それなら最初から正直に話した方がマシということもあります。このような判断は自分で行うしかありません。これまで勤めてきた会社の雰囲気や人間関係などから決断しましょう。

通常、正直の話した方が後々面倒なことにならずに済みます。一度嘘をついてしまうと、ずっと嘘をつき続けなくてはならなくなってしまうからです。そんな手間を考えるのなら、最初から正直に話し、その場で嫌な顔をされてしまった方がまだいいと思う人もいることでしょう。

特に大会社への引き抜き話は周りもたたえてくれることが多くなっています。どんな会社へ転職するのか、その程度に合わせて理由を考えてみるのもいいかもしれません。

 

別の理由を考えた方がいい理由とは

ヘッドハンティングを受けてそれを承諾したら、現在の職場に退職願を出すことになります。多くの会社では退職願を出してすぐに辞めることはできません。会社によって規定は異なるものの、引き継ぎ期間を考慮して数ヵ月はそのまま働かなくてはいけないことになっています。

そのため、引き抜いてくれた会社にもいつから勤められるのか、多少の期間は待ってもらうことになります。やむを得ない事情の場合には規定よりも退職日を早めてくれる会社もあります。例えば、家族に急病の人が出た場合などです。看護や介護をしなくてはならないのなら、すぐに辞めて家族に付き添う必要があります。

仕事の引き継ぎは大まかなことだけして、後は不明点が出た時だけ電話連絡などでやりとりをするのです。こんなふうに臨機応変に対応してくれる職場もあります。特に正直な退職理由を隠した方がいい会社というのは、引き抜かれた会社が現職場のライバル会社だった場合です。そこの会社に転職すると言えば、誰もが嫌な気持ちになってしまうことでしょう。

引き継ぎ期間の間も肩身の狭い思いをしなくてはなりません。気持ち良く退職するためには、本当の理由を隠した方がいいこともあるのです。ライバル会社など、明らかに現在の職場にとって不快に思えるようなところに転職するのなら、本当の退職理由は隠しましょう。

一身上の都合と言うだけで済ませられるのなら、それに越したことはありません。もしくは家庭の事情や他にやりたいことができたなど、どうしても今の職場では働き続けられないという理由を考えるしかありません。

全く別ジャンルの仕事をしたくなったというのなら、今の会社も引き止めることはできないでしょう。転職は誰でも自由にできることになっています。その代わり、急いで退職しなくてはいけないという理由ではないので、規定どおりの期間、引き継ぎ業務を行うことになります。その点は転職先にも理解してもらいましょう。

短くても引き継ぎ期間は1ヵ月くらいかかるところがほとんどです。自分一人で担当していた業務が多い場合には仕事を割り振る必要があります。そうなってくると、引き継ぎにも時間がかかるため、2ヵ月以上も転職できないかもしれません。

 

臨機応変に対応できるようにしておこう

ヘッドハンティングを受けた時の退職理由はどのようにすればいいのか分からない人は、まず、現在勤めている職場の雰囲気を確認してみましょう。正直に言った方がスムーズに辞められそうなら、そのままの理由を話した方が無難です。

一方、寛容的な職場ではない場合には正直に話すことで角が立ってしまうこともあります。翌日すぐに辞められるわけではありません。これから退職日までの間、居心地が悪くなってしまうようでは困ります。その点を考えて臨機応変に対応できるようにしておきましょう。

アットホームで上司も部下も分け隔てなく仲の良い職場なら、正直に話しても問題ありません。かえって喜んでくれることもあります。同じ職場の人間が別の会社に認められたというのは誇らしく感じてくれる社員もいることでしょう。

このような職場なら送別会も盛大に開いてくれるかもしれません。ところが、誰もが気持ち良く送り出してくれるとは限らないのです。愛社精神の強い会社の場合、ヘッドハンティングを受けると裏切り行為のように見られてしまうことがあります。

愛社精神がないと思われても仕方がありません。うちの会社を捨てるのかというように厳しい目で見られてしまうこともあるでしょう。このような職場には正直に理由を言わない方向で考えた方が、後々、トラブルが起きることもないはずです。

特に理由を突っ込んで聞いてこない職場もあります。このような職場なら一身上の都合というように簡単に述べるだけで退職できるかもしれません。ところが、細かなところまで突っ込んでくる職場もあります。なぜ辞めなくてはならないのか、会社側が納得できるような理由ではないとすぐに辞めることはできないこともあるのです。

特に人員が少なく、一人一人の担当している業務が徹底されている職場では、一人でも欠けてしまうと会社にとって痛手となってしまいます。場合によっては仕事がスムーズに回らなくなってしまうこともあるのです。

引き止められてしまうような職場には、納得してもらえるような万全な理由を考えてみましょう。嘘も方便という言葉どおり、相手が傷つかない、迷惑にならないような理由を考えることがポイントです。

例えば、家庭の事情を挙げてみるのも一つの手段となります。家族の介護に専念したいといった理由は、どんな会社でも退職を引き止めることはできないものです。後で別の会社に転職したことがバレてしまったとしても、介護の状況に目処がついたというようにフォローすることもできます。

 

上記のように、ヘッドハンティングを受けたらすぐに現在の職場に退職願を出すことになります。その際、退職理由を聞かれるはずです。正直に答えていいのか、それとも別の理由でごまかした方がいいのか悩んでしまう人もいることでしょう。

正解はありません。というのも、職場の雰囲気によって臨機応変に対応できた方が無難だからです。ライバル会社に引き抜かれた場合には正直に理由を言ってしまうと大変なことになってしまいます。この場合は一身上の都合とした方がいいでしょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧