IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

アメリカと日本のヘッドハンティングの違い

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/08

日本でも転職することが珍しいことではなくなり、スカウトにより新しい職場で勤務することも、昔より多くなりました。IT業界では優秀な人に大金を出してでも自社に来てもらいたいと考える会社は少なくありません。

会社を永続的に発展させるためには、優秀な人材を確保して、IT業界の中で競争力をつけることが大切だと考えているからです。

 

アメリカではスカウトは珍しくない

アメリカは転職大国だと言われる位、世界でも労働者が仕事場を変えることが多いことで有名な国の一つです。平均勤続年数はアメリカは日本の約3倍分の1程度だと言われていて、ドイツ、フランス、イタリアなどの国と比べても平均勤続年数は短くなっています。

労働者が転職する回数が多いからこそ、ヘッドハンティング会社が多くなり、サービス提供会社間の競争が激しくなります。そのため、給料を多く出したりポストを上げたりなど、より労働者に有利になるようにさまざまな行動をとってくれます。

また、スカウトが珍しくないので「他の会社に転職しないか」と声をかけられた労働者は違和感があまり覚えないとされます。そのため、職場を変更する際の話しがとてもスムーズになり、迅速に労働者は転職できる傾向があると言えるでしょう。

他方、日本は人材のスカウトが他の先進国と比べて多くはないので、ヘッドハンティングは発展途上だと言われています。そのため、交渉力やきめ細やかや、そしてヒアリング能力などは会社によって、大きく異なる可能性があるでしょう。

スカウトする側も他の国より慣れてない人もいると言えるので、会社選びには慎重になった方がいいかもしれません。もちろん、日本にはアメリカのヘッドハンティング会社と同じがそれ以上の、優れたサービスを提供する会社はあります。

世界的に活躍する会社や他の先進国で活躍する会社も、日本の優秀な人材をスカウトしようと、日本に進出しています。日本でスカウトをされて、世界的なIT業界の会社の重役や日本支社長になることも、十分可能だと言えます。

転職することで、より多くの人やお金を使えるようになり、キャリアアップをすることが可能となります。また、今必社会が要としている新しいサービスをつくることもでき、そうなると社会の発展の貢献に繋がると言えます。

 

転職事情や労働者の意識が異なる

そもそも日本とアメリカでは、社会的な事情や労働者の働き方についての考え方が大きく違うと言えるでしょう。日本では、解雇権乱用の法理などにより労働者の雇用は強く守られていて、一度入社すれば定年まで基本的に働けると言う感じで今までは来ました。

入社歴の長さに応じて、給料が高くなりまた役職も上がると言うことが、今ままでは一般的だったと言えるでしょう。そのため「同じ会社に長く勤めていた方が得」と言う考えがあり転職することに、抵抗を感じる人も少なくなかったと言えます。

他方アメリカでは日本程従業員の雇用が守られておらず、重要な仕事を任されていた人が、突然会社から解雇されると言うこともあります。企業秘密が社外に漏れないように、解雇を言い渡されたら、荷物をまとめて即会社を出て行くことを迫れることもあるとされます。

会社にどれだけ多くの利益をももたらすかが大切だとされ、日本程勤続年数の長さは重要視されないのが現状です。そのため、同じ職場で働くことに固執しない傾向があると言え、転職することに違和感を覚える人が日本人より少なくいと言えるでしょう。

この考えの違いがあるので、ヘッドハンティング会社から声をかけられた場合、日本人とアメリカ人とでは実際に転職する確率は異なってきます。これからの時代は日本でも雇用が今までのように守られるとは限らず、大企業で勤務していたとしても、実力がないと転職することを迫られることあるでしょう。

こういった社会的事情があるので、これから日本では、ヘッドハンティング会社を利用する人が増加することが予想されると言えます。常にスキルアップできるような職場で緊張感を持って働くことで、どこでも活躍できると言える人材になれることが期待できます。

IT技術はこれから人の生活を大きく豊かにするとされ、ITに関係する会社が次々とつくられていているので、好条件で働ける職場を探しやすくなるのではないでしょうか。

 

転職の流れや大切にしていることが違う

アメリカでは、転職する際に自分のこと言っていることが本当かどうかなどを、確認してもらうことになります。具体的には、転職する際に転職前の会社の上司や同僚などの身元保証人のリストを提出することが求められます。身元保証人に、自分の言っていることが本当なのかを聞いてもらい、自分の人材としての価値を証明することになります。

さらに、正式に雇用契約を結ぶ前に調査会社を利用して、記載事項に嘘がないのか犯罪歴はあるのかなども調べられます。また採用する際に、転職により役職が上がっているのかキャリアに一貫性があるのかなどを重要視すると言われています。

これは、特定の分野に精通したスペシャリストを採用したいと考えている会社が日本より多いからだと言えます。日本ではスカウトされて転職した場合、調査会社を利用して転職希望者の身元を調べられることは、あまりないでしょう。

ただ、IT業界で有名な外資系企業に転職したり国内の重役クラスで入社したりする場合、身元調査があることはあります。日本ではさまざまな仕事を体験した方がいいと言う考えをもつ人も少なくなく、そのため国内のIT業界の会社への転職であれば、ジェネラリストの評価も高いです。

国内の企業の経営者の中には、転職回数が多いことはあまり好ましいことではないと考える人もいるかもしれません。ただ、IT業界の経営者は年齢が若い人も少なくなく、その点については不必要に深く考えなくてもいいと思います。

アメリカのヘッドハンティング会社を利用して転職する場合、大変に感じるかもしれませんが、慣れればそうでもありません。身元調査をして欲しくない人の場合は、調査をしない会社かどうかを事前に確認してみるとことをおすすめします。

こっそり転職しようとしていた場合に、今いる会社に転職活動していることが知られてしまう可能性があるからです。外資系のヘッドハンティング会社だと、身元調査することが当然だと考えていて、いちいち説明してくれない可能性があります。

 

アメリカでは、ヘッドハンティング会社にスカウトされて転職することは、それほど珍しいことではありません。これからの日本では、他の先進国と同じように優秀な人が、所属する会社を次々変えて行くことが増えると予想されます。

引き抜かれると言うことは、自分の人材としての価値が非常に高いと評価されたことを意味すると言えます。自分の価値を高く評価してくれる会社で働く場合は、やりがいがあり充実感をもって日々の仕事をすることができるでしょう。

ヘッドハンティングに興味がある人は、時間があるときにでも、間連することを調べてみてはいかかでしょうか。スマートフォンやタブレット端末を利用すれば、ちょっとした数分程度のすきま時間を利用して調べることができます。

これからIT業界で「新しいことをしてみたい」「自分の可能性をためしてみたい」などのことを、思ったときにきっと役に立つと思います。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧