IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

ヘッドハンティングの成功例と成功率

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/11/08

企業を立ち上げ新しい事業を始めるとその分野にたけた人材を採用して仕事をまかせていきたいときは、新入社員よりは他の企業だったり、経験値が豊富な人を自分の会社に雇いたいと考えます。特に新しい分野に進出するときは資金も大事ですが、やる気があり優秀な人はそれより必要です。ヘッドハンティングの方法も様々です。

新しい分野に経験者を投入するメリット

新しい分野の仕事を立ち上がるには、経験値のある人が指揮をとり引っ張って頂く方が顧客のためにもなります。

しかし、人材不足の最近ではそのような人はみつかることが少ないのです。ヘッドハンティングをして条件が合わないと、しかけた意味がなくなりますので、慎重に1回で成功するにはどうしたらよいか考えていく方が良いです。起業して3ヶ月たつ頃には売り上げがプラスに転じていないと業務の見直しをかけなければいけません。

その事業を成功に導いた方なら必ず3ヶ月で売り上げを上げていきます。事業を見直すよりは、初めに良い方を会社に雇って事業を行った方が業務を見直すよりは遙かに楽です。

仕事ができる人は他の企業でもほしい存在なので競争率が激しくなります。ヘッドハンティングをかけようにも、現在いる会社を本人が気に入っていて安定的な収入が得られていれば雇える確率は落ちるでしょう。

自分の会社と対象のメリットが合えば、ヘッドハンティングを成功させることができます。経験者が何を求めているかリサーチの必要があります。

会社と対象のメリットを集めるためのリサーチ

良い人材を雇う時に経験者を入れるには、ニーズをくみ取る必要があります。魅力的な自社の宣伝をして求人の応募を待つ方法もありますが、経験者募集や新規事業の立ち上げのため高額な給料を記載して求人を掲載すると、怪しまれて応募してこないことがあります。経験者だからこそ事業の厳しさを時間を超過しても最初の労働したことを覚えています。

また、同じことが繰り返されると今まで積み重ねてきた会社での人脈など1から築きあげないといけません。自分1人が頑張っても部下が動いてくれないと責任をとらざるを得なくなります。

このような冒険をしてまで、他の企業に移るメリットがなく、やめるかとなってしまいます。社長自身が新規事業に乗り気でないことで、上の様子をうかがう社員ばかりになってしまうので、提案や意見はではなくなり、足の引っ張り合いになります。

人間関係が悪くなり、コミュニケーションがとれなくなれば売り上げは目に見えて落ちてくることになります。このようなことが心配になり、ヘッドハンティングは成功する例が少なくなるのです。

人材を効率よく企業に引っ張るには

人材を引っ張るには、対象者とコミュニケーションをとることが必要です。コミュニケーションをとるだけでなく、信頼関係を手にいれれば容易に成功します。趣味が合うのか、仕事での考え方が合っているのか、お互いにさらけ出してザックバランに会話ができると、面接をしてその場所で聞き出すよりはお互い本音がでます。

一番大事なことは会社がしたいこと自体ではく、コンセプトや枠に対象者が合わせてくれるか、合っているかどうかということが大事です。意見や考えを言わないでお金が欲しい人は耳障りの良いことをいってきますので見極めが必要です。

このように自分がメッセンジャーになり、仕事のコンセプトを伝え仲間を作る形でヘットハンティングは特に確率が高いと考えます。社長自ら意気込みを伝えればそれに合わせる形で経験者はついて来ます。

提案や意見がどんどん出て企業をよくしようと目的が一致すれば3ヶ月後には売り上げが上がっていると考えます。やる気だけではカバーできないところは、経験者がアイデアを出していけば皆がそれに賛同するでしょう。

条件の付け方で人材の登用は変化する

良い人材は年齢や家族構成も考慮に入れて引っ張ってくると成功しやすくなります。例えば結婚している方は奥さんや子供の行事には休日をとり参加したい方もいらっしゃいます。

働き方も多様でライフスタイルに合わせて仕事を選ぶ時代です。休日が週休2日となっていても実際は残業が多く休日も出勤というところは多いのです。賃金だけでなく、福利厚生も大事な用件となってきます。福利厚生が充実している会社は魅力的に移ります。転職を考えてる人材には魅力的です。

少し前のようにワーカーホリックでは、仕事のパフォーマンスが落ちて会社の売り上げが落ちるばかりか、精神的に落ち込んだ方のフォローは時間がかかることがわかっています。福利厚生や有給休暇の消化など労働者側にメリットがあるようくんでいくことが大事です。

働いていて楽しいことがコストパフォーマンスを上げる魅力ともなりますし、外部にもあの会社はいつも社員が笑っていて楽しそうだなど評判がたてばヘットハンティングをしなくても、社員が応募をみてよってきますので人材に困らなくなります。

賃金により人材を登用するメリット

福利厚生やコンセプトで企業アピールしたり、社長自ら意気込みをつたえたりとヘットハンティングを成功させるように努力してきましたが、やはり気になることは賃金の形態です。子供を育てているのに前の会社より給料が減ってしまったら、転職した意味がありません。

一気にやる気をそいでコストパフォーマンスも上がりませんし、別の会社に移ろうとする動きもでてきます。賃金が出来高制なら報酬を上げる出来事や時期などを明確に示しておかなければ入り口の段階で敬遠されます。出来高制の報酬は高くなければなりません。いつ解雇されるか不安定な状況を解消するための安心の材料です。

年功序列の精度では前の会社よりも上乗せで基本給料を上げてベースアップと退職金も考えなくてはなりません。給料のことは一番いやなところですが、お互いに契約なので正直に話し、決めていくのが社員のやる気を上げる方法です。

会社の実情と社員のニーズをくみ取り決めていくように考えていきます。売り上げを貯めるのではなく、人の心身のメンテナンスに使うという考えです。

一番は人材のやる気と心のメンテナンスが決め手

会社のやり方とコンセプトを伝え、転職しても困らないよう部署の内部や福利厚生を整え賃金の形態を考えてヘッドハンティングを用意したことは、自分がわざわざ企業に出向いて来てくれと頼まなくても、求人の応募を見るだけで魅力的な求人なら挑戦したり、会社にお世話になろうという気持ちがわいてくると考えます。

法人も人とつくように魅力がなければ社員はついてきませんし、経験のある方は最初からこないでしょう。金と物はすぐに調達できるが、経験のある人材は容易に手に入ることが難しいのです。物を手に入れるには金を用意すれば入手できますが、人材を確保するには法人がいかに魅力あるものにしようと用意しなければなりません。

また、前の会社を退職することになり転職に失敗すると明日からの生活に困る気持ちを考えると精神的なフォローや金銭的な充足はかかせません。人を育てることは10年以上の年月がかかります。経験した人は貴重な存在となってきました。企業が顧客のニーズをとらえて儲けを出し、社員を雇うために努力をしましょう。

 

ヘッドハンティングを行うには、自分も所属している会社が素晴らしいところだと考えなければ、自信を持って人に勧めることができません。賃金だけでなく、会社として他との違いを前面に宣伝し良い人材を求めていきましょう。ヘッドハンティングを成功させる秘訣です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧