IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

ヘッドハンティングとはどういうもの?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/05/07

ヘッドハンティングとは、優秀な人材をスカウトすることです。プロスポーツの世界ではお馴染みですが、今はさまざまな業種において1つの人材獲得手段となっています。

普通に転職するよりも好条件で有名企業に入社できることもあるので、大まかなサービス内容は把握しておきたいところです。

 

ヘッドハンティングのサービス概要

人材を求めている企業は、求人サイトや情報誌などに求人広告を掲載します。その広告を求職者が見つけて応募し、面接で採用の判断をするというのが一般的な転職です。

ヘッドハンティングは求人広告を出すのではなく、プロのスカウトマンに人材発掘を依頼します。企業が求めている条件の人材を見つけたら、企業名や雇用条件などを提示して交渉します。

その内容が求職者にメリットがあるなら交渉成立となり、提示された企業へ入社するというのが主な概要です。これはスポーツ業界では昔から行われており、一般的にも意味を知っている方は多いですね。

しかし、近年はIT業界や医療業界など各業界でもヘッドハンティングによる転職が盛んになっています。どのようなタイミングでスカウトされるのかはさまざまです。合同開発で相手の企業からスカウトされることがあれば、転職支援会社から急にスカウトされることもあります。

「誰がスカウトするのか?」もさまざまであり、企業が自社内でスカウトするケースもあります。スポーツ業界は主にこの方法であり、ビッグクラブになると世界中にスカウトマンを派遣しているところもあります。

IT業界や医療業界といった一般的な業種においては、転職支援サービスを行っている会社やヘッドハンティングを専門にしている会社が代行することが多いです。

その流れは通常の求人広告と同じで、優秀な人材を確保したい企業が転職支援サービス会社などに依頼します。依頼を受けたら人材リサーチが開始され、条件がマッチする人材を見つけたらスカウトして交渉という流れになります。

 

転職エージェントと区別されるケースもある

求職者にとって分かりづらいのは「ヘッドハンティングと転職エージェントは何が違うのか?」です。これは基本的に同じですが、サービスの提供の仕方によっては違いがあります。

転職エージェントを利用して転職先を見つける場合、その方法は主に「求人掲載型」と「求人提案型」の2つがあります。求人掲載型はサイト内に求人が掲載されており、求職者が自由に募集を閲覧しながら応募先を探せるサービスです。

また、エージェントに相談しながら求人を提案してもらうこともできます。求人提案型は「サイト内に求人掲載あり」と「サイト内に求人掲載なし」の2つのタイプがあり、サイト内に求人が掲載されていない場合はエージェントに転職先を提案してもらう方法となります。

このサービス形態の場合に、転職支援会社によってはヘッドハンティングとしてサービスを提供していることがあります。求人掲載型も求人提案型も利用方法は同じで、そのサービスを利用する前に個人情報を登録します。求人掲載型は登録後に求人へ応募可能となり、エージェントに相談もできるようになります。

求人提案型は登録後にスカウト待ちの状態となり、エージェントの提案を待ちながら転職活動できるようになります。ヘッドハンティングで転職先を見つける場合、こちらは「スカウト待ち型」と「完全スカウト型」の2つがあります。

スカウト待ち型は転職エージェントの「求人提案型」です。スカウトを待つためには登録を完了する必要があります。登録は無料なので、コストがかかることはありません。完全スカウト型は求職者がコンタクトを取ることはできず、スカウトされた場合だけ転職の選択肢を持てます。

これはスポーツ業界でお馴染みのスカウトと同じであり、スカウトが来るかどうかも分かりません。とにかく待つしかないため、運の要素が強いです。細かい言葉の意味や使い方からすると、一般的には完全スカウト型のことをヘッドハンティングと認識している方が多いでしょう。

基本的にスカウトされたいのであれば「求人提案型」や「スカウト待ち型」のサービスを利用できる転職支援会社を探さなければなりません。その際に覚えておきたいのは、一般職ではなく専門職に特化している転職支援会社が多いということです。

ここが普通に転職する場合との違いでもあり、何かしらの専門職に精通しているからこそ人材発掘力が高いわけです。それぞれの企業では、「どのような人材を確保したいのか?」や「何を基準に優秀と判断するのか?」などに違いがあるわけですが、通常の公募から人材採用を行う場合はコストが高く付いてしまうことがあります。

どれだけ募集をかけてもなかなか条件の合う人材が見つからず、トータルコストが高くなりすぎてしまうことは珍しくありません。このような場合、各業界に精通したプロにスカウトを依頼すれば、高いリサーチ力から短期間で条件の合う人材を見つけることも可能です。転職支援会社によっては、学生の段階から優秀な人材をリストアップしているケースもあります。

 

普通に転職するよりもメリットが高いのか?

普通に転職する場合に比べると、ヘッドハンティングは好条件で転職しやすいメリットがあります。通常、良い条件で転職するためには「年収が高い」や「福利厚生が充実」といった内容の求人を見つける必要があります。

基本的に条件は求人内容に書かれている範囲に留まるため、それ以上の条件で採用されることは殆どありません。また、そのような好条件の求人は人気が高いため、ライバルが多くて採用を狙うのが難しいのもデメリットです。

スカウトから転職する場合、自分が優秀な人材だからこそ声がかかるため、最初から好条件なケースが多いです。条件は交渉することも可能なので、給与やボーナスなどをさらに伸ばすこともできます。

採用に関しては、自分だけに声がかかっているなら採用される可能性が高いです。条件面も採用も文句がない状況なら、通常は1ヶ月や2ヶ月かけて転職するところを数週間で完結することもできます。早く転職先を見つけることができれば、収入が途切れることもありません。

このように普通に転職することに比べて様々なメリットがあるため、年収を上げたい場合や有名企業に転職したい場合はとても便利な転職方法です。ただし、完全スカウト型は自分からコンタクトを取ることができないため、業界に名前が響き渡るほどの実力を持たなければ実現できない転職方法です。

スカウト待ちなら転職支援会社に登録することで、今の自分のキャリアから適正条件で転職先を提案してもらえます。もちろん、エージェントが最後まで転職をサポートしてくれるので、キャリア相応の条件で転職するために交渉も視野に入れることができます。

普通に転職活動するよりも条件の伸びしろに大きな期待を持てるため、1つの転職方法として検討してみるのは大いにアリです。特に専門職の場合はスカウトを利用しやすい状況なので、積極的に活用して少しでも良い条件で転職を成功させるのがおすすめです。

 

ヘッドハンティングとは、企業からスカウトされて入社するという転職方法の1種です。今は求人サイトや転職サイトを経由して転職することが多く、その際に利用する転職エージェントとは区別されることもあります。

細かいサービス内容には多少の違いがありますが、転職業界のプロが求職者と企業を結んでくれるという点は同じです。通常は実現することが難しい好条件での転職も可能であり、少しでも良い条件で転職したいなら注目しておきたいサービスです。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧