IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

一般的なヘッドハンティングの声がかかるルートとは?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/04


ヘッドハンティングをされたものの、信頼できるかどうか判断できずに困ってしまう方もいます。そのような方は、最初に声がかかるルートを確認しておくのも1つの手です。勧誘されるまでの流れを知ることで、自分に興味を持ってもらったきっかけを把握して判断することにつながります。

指名型とロングリストでの採用スキーム

ヘッドハンティングには複数のルートが用意されています。そのパターンの1つとしてあげられるのが、指名型スカウトです。求人企業が採用候補者を特定できていても、直接スカウトが行えるケースはほとんどありません。

採用候補者の企業との関係が近いもしくは競合している場合には、下手に動くと今後の関係を悪化させるリスクがあります。そこでヘッドハンティング会社に依頼して、スカウトを行ってもらってほしい人材を確保できるようにします。直接企業側から指名が入った形でのスカウトになるため、良い待遇で採用してもらえる可能性も高くなります。

一方で求人企業が欲しい人材のイメージはあるものの、どのような人物が候補になるか絞り込めていないというケースも見られます。そのような場合には、ヘッドハンター側にロングリスト型という形式で人材を探してもらうことも可能です。企業が求める人物像に合わせて、条件に適合しそうな人材をリサーチしていきます。絞り込む過程では面談なども繰り返されるので、ヘッドハントといっても通常の採用方法に近い部分も見られます。

良い人材を確保することは企業にとって重要

企業にとってこれからの事業の未来を担える人材を確保できるかというのは重要な問題です。新入社員を教育していったとしても、将来的に企業にとって価値のある人材に育ってくれるとは限りません。これから育つ新入社員に未来を託すことも重要ですが、ときには即戦力となる管理職がすぐに必要というケースも見られます。

だからといって管理職を公募という形で探すと、世間に指導層が薄いということが知られてしまいます。そこで世間に知られることなく優秀な管理職を確保するために、ヘッドハンティングというルートが利用されています。

企業側が優秀な人材を探すための方法も、以前と比べて多くなっています。価値のある実績を企業で残した方がいれば、webメディアなどで取り上げられるケースも多く見られます。ネットニュースやSNSなどで取り上げられるような人材なら、多くの企業から注目される可能性が高いのです。

ヘッドハンターはwebメディアだけではなく紙媒体などの情報をチェックして、優秀な人材を探しています。優秀な実績を残せば、ヘッドハンターに注目される可能性も高いのです。

新しい発想のある20代に声がかかることも

ヘッドハントされるのは、ある程度の年齢以上の方というイメージを持っている方もいるかもしれません。ですが20代でもヘッドハントされるというケースも多く見られます。

例えばエンジニアやクリエイターなどの場合には、20代のうちから頭角を現すことも可能です。早くから頭角を現しているとしても、現在の環境だと思うように才能が発揮できないというケースもあるでしょう。そこでヘッドハンターは、より待遇の良い環境で活躍できるという話を紹介してくれる可能性もあります。

そもそもIT業界というのは、新規事業開拓にはスピードが要求される世界です。そのため新しい発想があって、瞬発力のある優秀な20代に対するニーズが高い業界になっています。

また若い世代は、新たなチャレンジを求めているという方も多くいます。ミドル層になると、家庭があるなどの事情で転職に踏み切れないかもしれません。一方で家庭の縛りがなく新たなチャンスを夢見る20代なら、ヘッドハンターの誘いに応じてくれる可能性が高いという特徴もあげられます。

スペシャリストは注目度が高い存在

ヘッドハンティングで注目されやすい人材というのは、何かしらのスペシャリストです。例えばIT系エンジニアやクリエイターの中には、1つのジャンルを深く極めている専門性の高い人材も見られます。専門性の高い人材というのは、どこの企業に行っても活躍できる可能性が高いのです。

特にほかに代わりがいない技術力がある方は、注目度の高い存在です。専門性の高い技術力を持っているのであれば、複数の企業からヘッドハントされることもあります。実際に声をかけられた方は、複数の誘いがあると迷ってしまう方もいるかもしれません。ヘッドハントされると、自分の実力が認められた気がしてすぐに誘いに乗ってしまう方もいます。

ですが勧誘先で、自分がやりたい仕事ができるとは限りません。必ず話をよく聞いたうえで判断することを忘れないようにしましょう。ヘッドハンティングに応じれば、今の状況より好転すると考えている方も多くいます。しかし好転することもあれば、状況が悪化する可能性もあります。さまざまな視点から考えて判断することが大切です。

企業にプラスとなる人材は注目されやすい

優れた技術力があるだけでは、ヘッドハンティングの対象になるとは限りません。求められているのは技術力だけではなく、企業にとってプラスとなる人材なのかという点です。

例えば優れたリーダーシップやマネジメント能力がある人材なら、これからの企業を担う存在としての活躍も期待できます。プロジェクトを成功させる能力やクリエイティブ能力を持ち合わせているのであれば、企業や事業を発展させることができる貴重な人材だと判断されます。

たとえ技術力があっても、人間性に問題があると判断されると声がかかりにくいので注意が必要です。 もしもヘッドハンティングされたいと考えているのであれば、自分のプラスアルファとなるスキルをアピールしていくことも大切です。リーダーシップなどの能力でも実績を残すことで、多くの企業に注目される人材になるかもしれません。

スカウトのチャンスが得られなくても、今の企業で実績を残すことで昇給など待遇が良くなる可能性もあります。スキル以外のものも求められる時代だからこそ、自分が貴重な人材だとアピールしていくことが大切です。

信頼できるヘッドハンターか判断すること

ヘッドハンティング会社から声がかかった場合、自分が優秀な人材だから注目されていると思いすぐに誘いに乗ってしまう方もいるかもしれません。確かにある程度の実績を残している方でなければ、ヘッドハンターから注目されることはないでしょう。

だからといって勧誘が良い情報とは限らないので注意が必要です。実はヘッドハンティング会社といっても、実績が豊富で信頼できるところもあれば、そうではないケースも見られます。信頼できない環境だと、転職しても失敗するリスクが高くなります。

また実績が豊富なところから声がかかったとしても、自分にとって良い条件になるとは限りません。やりたい仕事が良い環境でできるのかなどの点を確認したうえで、誘いに乗るかどうか判断することが大切です。

信頼できるヘッドハンターか判断するために、まずはよく話を聞いたうえで判断することも必要です。実際に話してみることで、業界のことなどを理解したうえで声をかけてくれたのかなどの点を判断できます。さまざまな話を聞いて相談をして、状況を考えて転職を検討するようにしましょう。

 

ヘッドハンティング会社から声がかかるルートの中には、求人企業から直接依頼を受けているケースも見られます。求人企業から直接依頼がある場合には、特定の実績などが認められたという可能性もあります。企業にとって優秀な人材の確保は未来のために必要なことなので、ヘッドハンティングを利用しているというケースも存在しています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧