IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

ヘッドハンティングの返信の仕方

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/07/23

ヘッドハンティングの連絡は最近ではメールやメッセージによるものが多くなりました。その連絡がきたときにどのように返事をしたら良いかがわからないと悩む人もいるでしょう。

ヘッドハンターからの連絡を受けてどう判断したかに応じて適切な返信の仕方を知っておきましょう。

 

オファーが魅力的だと感じた場合

ヘッドハンターからのメールやメッセージを見てみると、魅力的なオファーだから是非とも転職したいと思うときがあるでしょう。この場合には何よりも早く返信することが大切です。ヘッドハンターは何人かの候補の人物を抱えていて、その中でも有力そうな人から順番に連絡している場合が多くなっています。

そのため、返事がなさそうであれば次の候補者に連絡してみようという判断になるのです。どんな内容の返事をすれば良いのかがわからず、何日も返信しないで放置してしまうとせっかくの機会を逃してしまうでしょう。

まずは興味があるから詳細な話を聞きたいという内容で構わないのでとにかく返事をするのが賢明です。より良い返事をしようと思ったら、ヘッドハンターが何を要求しているのかをメールやメッセージの内容から読み解きましょう。

興味があるのかどうかをとりあえず聞きたいのか、オファーの内容の詳細を話したいから時間の都合を聞かせて欲しいのかといった観点で見てみると返信に書くべきことがはっきりとします。その意図に従って答えるようにし、返事の時点では自分の意向をあまり積極的には伝えないでおきましょう。

その時点でクライアントとヘッドハンターとのやり取りがあり、まだ明確にされていないオファーの内容を変更されてしまう可能性があるからです。オファーの内容があまり詳しく書かれていないケースではまずコンタクトが取れたら給与額などの待遇を詳しく決めようとしています。

そのため、この時点で是非ともオファーを受けて転職したいと伝えてしまうよりも、興味はあるけれど詳細を聞かなければわからないというスタンスで返事をした方がより良い待遇を手に入れられる可能性があるのです。

返事の分量を多くしようとすると余計なことまで書いてしまい、マイナス効果が生じてしまうリスクが高くなります。そのため、ヘッドハンターが今回の連絡で聞きたがっていることが何かを捉え、端的に答えるだけにと留めておくのが賢い判断です。

何度か情報のやり取りをして具体的に待遇を提示されたときにもすぐにイエスと答えない方がベターでしょう。ヘッドハンティングのときには待遇の交渉ができるからです。魅力的な条件が列挙されていたとしても、もっと高望みをして問題はありません。

まだ少し不満だという意志を率直に伝えて、その理由も簡単に添えて返事をしましょう。また新しい条件を提示されるので、何度かこのようなやり取りをした上で転職を決定するように心がけると理想的な待遇でヘッドハンティングしてもらえます。

 

オファーを断りたいと思った場合

オファーの内容を見る限り、特に魅力的なところはないから断りたいというときもあるでしょう。この内容なら現職を続けた方が良いとこの時点でわかった場合には断ってしまっても問題はありません。

ただし、率直に興味がないと伝えてしまうのはもったいないと言えます。ヘッドハンティングを受けたいという気持ちがあるなら、ヘッドハンターとの出会いを大切にした方が良いでしょう。

今回のオファーには興味を持てなかったとしても、別の機会に魅力的なオファーをもらえる可能性があります。ヘッドハンターが人材紹介の依頼を手に入れたときに、できるだけ真っ先に自分のことを考えてくれるよう努めることで、オファーをもらえる頻度を上げることが可能です。

そのためには人材として好印象を与えつつ、今回の件については断ることが重要になります。そして、できれば何度かメールやメッセージのやり取りをした上で断った方が自分のことを記憶に留めておいてくれる可能性が高くなるでしょう。

このような考えで返事をするなら、最初から断ってしまってはなりません。まずは話を聞いてみたいという意思を持っていることを伝えましょう。

ただし、このオファー自体にはそれほど興味を持っていないという程度の言葉を付け加えておくのも賢明な考え方です。色々な説明を受けてクライアントとの交渉までして待遇を整えたのに、結局はオファーを断られたとなると印象はかなり悪くなってしまいます。

それほど興味は今の時点では持っていないけれど、前向きに検討してみたいから詳細を聞かせて欲しいという内容で返事をして、その後に適当なタイミングでやはりこの件は受けないことにすると伝えるのが良い方法です。

それまでにしっかりと根拠を探して辞退することをヘッドハンターに納得してもらいましょう。すると、どのような希望を持っているかも理解してもらえるため、魅力的なオファーがあったときに声をかけてもらえると期待できます。

また、他のオファーも検討してもらいたい場合にも初回のメールやメッセージの返信のときには触れないようにしましょう。ヘッドハンターがどういう考えでそのオファーを提示しているのかがはっきりとしていないからです。

人によっては他にも案件を抱えていて、場合によってはオファーをかけてみようと思っていることもあります。その気持ちが湧いてくるように転職したいとは考えていることを伝えたり、今回のオファーの問題点を指摘したりしてみると良いでしょう。

連絡が来たのに気づいていなかった場合

ヘッドハンティングを受けるときにも断るときにもヘッドハンターからの連絡に対しては速やかに返事をするのが大切です。しかし、メールやメッセージが来ていたのに気づかず、もう何日も経ってしまったということもあるでしょう。

日が空いてしまうほどどう返事をしたら良いかで悩んでしまいがちですが、このようなときにも気づいたらすぐに連絡するのが最も良い対処方法です。もう忘れられているだろうから特に返事をしなくても良いだろうと考えてしまう人もいるかもしれません。

確かに既に別の候補者に連絡している可能性もありますが、これほどの適任者はいないというときや、他に候補になる人が見つからないようなときには連絡を待っていてくれることもあります。

特にオファーを受けたいと思ったときには速やかにその意志を伝えるようにしましょう。断る場合にもできるだけ早めに連絡を入れておくのが賢明です。ヘッドハンターとの良好な関係を築くのはヘッドハンティングで転職する上では欠かせません。基本的な礼儀やマナーを守り、連絡を怠っていたことをお詫びする一言も忘れないようにしましょう。

 

ヘッドハンターからヘッドハンティングをしたいという連絡が届いたときには、オファーを受けるかどうかで悩むことになるでしょう。しかし、オファーを受けたいときにも断りたいときにもすぐに返信をするのが大切です。

オファーを受ける方向でやり取りをするときにもとても興味があるという意思表示はせずに、詳細を説明して欲しいというスタンスで連絡をしましょう。一方、断る場合にはヘッドハンターとの関係を良好に保つことを目指した方が良いでしょう。また、返事を忘れてしまったときには気づいたらすぐに連絡してお詫びの気持ちを伝えましょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧