IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

Randstad(ランスタッド)の口コミや評判

公開日:2019/04/01  最終更新日:2019/06/27

会社名:ランスタッド株式会社

住所:〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート21F

TEL:03-5275-1871

 

 

 

WEB上には様々な転職サイトが溢れており、複数のサイトを兼用する人は多いです。それでも、希望にぴったりの求人が見つけることは容易ではないので、登録するのは質の良い転職サイトに厳選したいところです。ここでは世界最大級を謳う転職サイトのRandstad(ランスタッド)を紹介します。

 

世界最大級の総合人材サービス会社

Randstad(ランスタッド)はオランダの外資系企業が設立した総合人材サービス会社で、国内では東京都千代田区に本社を置きます。創業は1960年、50年以上にわたってノウハウを培い、信頼を築いてきました。世界的企業であり、業界では世界第2位のシェアを誇ります。

国内の支店は北海道から鹿児島県まで全国各地60ヶ所以上にあり、求人側企業と求職者のマッチングに尽力中です。なお、土日祝日や年末年始、夏季休暇期間などは休みです。問い合わせなどに対する返答は、翌営業日以降となります。

Randstad(ランスタッド)に登録しておけば、派遣および紹介予定派遣の求人や専門サービスの求人、正社員の求人など、様々な求人広告をサイトで検索することが可能です。登録手続きの際も、スマートフォンやタブレット、パソコンなどからWEB面談が行えるため、来社せずにオンラインで済ませられます。

オフィスへ来社しての登録手続きは、諸手続きを含めて1時間半くらいかかりますが、この時間の大半をカットすることが可能です。遠方に住んでいる人の場合は交通費がかからずに済み、勤務しながら転職活動を行う人にとっては仕事を休まずに済みます。

また、小さな子どもを育てている人にもメリットが大きいです。2015年に労働者派遣法が改正されて以降、同じ職場で働ける期間は基本的に3年間となりました。しかし無期雇用とすることで、期間制限無しで働くことが可能です。Randstad(ランスタッド)では、派遣社員や請負契約社員に対して無期雇用を提供しています。

長く勤めることで業務を習熟し、キャリアにつなげていくことができます。もちろん、職場を変わりたいという希望にも沿ってくれるため安心です。収入が途絶えたりキャリアがストップしないよう、現在の職場で働きながらコンサルタントが面談をして希望などを聞き、スキルや経験を見て、個々に適した職場を紹介してくれます。

次々と求人を紹介してくるスタイルではなく、求職者の希望を優先して考えてくれる、質の高いサービスです。コンサルタントは落ちついた雰囲気の人が多いと言われています。一人一人の情報をしっかりと把握し、個人情報漏洩を防ぐため、基本的に最初に担当となったコンサルタントは変更できません。

世界的に歴史の長いRandstad(ランスタッド)も国内の転職サイトでは後発組に入るため、国内最大級とは言えません。そのため、コンサルタントが登録者一人一人に手をかけやすい状況と言えます。しっかりと要望を聞いてほしいと考える人にとっては、狙い目の転職サイトと考えられます。

 

ハイクラス求人に強みを持つ会社

Randstad(ランスタッド)が特に強いのは、年収800万円以上のハイクラス求人です。これまでの就職および転職成立実績には、誰もが名前を知っているような大企業の名前がずらりと並びます。各業界や専門分野に精通したコンサルタントがサポートに付いてくれるため、転職の成功が期待できます。

ハイクラス求人以外の求人も揃っており、業種は実に様々です。オフィスワークはもちろん、製造・工場系の仕事も多く扱っており、単発や短期バイトの求人まで揃います。個々の都合に合わせた業種や業務を選ぶことが可能です。

20代から30代の人に向けては正社員の求人を、40代以降の人に向けてはエグゼクティブ・ハイクラスの求人を薦めることが多い様子です。外資系企業らしく、グローバル人材の紹介も得意としており、日本に在住する外国人を国内企業に就職できるよう、しっかりとバックアップしてくれます。

反対に、日本人への外資系企業の紹介も可能です。国内企業とは若干違いがある職務経歴書の書き方や英語面接の仕方など、コンサルタントがアドバイスしてくれるため、万全の準備で面接に挑めます。また、サイトには就職に関するコラムなどが載っており、小まめに目を通すと役立つ可能性があります。

それに加えて、障害者向けの求人も豊富です。障害者求人においては、オーダーメイド型求人となっています。通常、企業は採用が可能なポジションを設定してから条件に合う人材を求人サービス会社などに求めますが、オーダーメイド型は障害者の希望条件を第一にして企業と交渉します。

求人がない場合でも、Randstad(ランスタッド)が取引のある企業に提案して、求人を開拓することも可能です。精神障害者に関しては、東京や神奈川、千葉など一部の地域のみですが、精神保健福祉士による専門的な就労支援サービスを提供中です。また、対象者は一般企業での就労実績のある人に絞られます。

 

エンプロイヤーブランディングの周知を図っている

Randstad(ランスタッド)は、日本にエンプロイヤーブランディングを広げることも使命の一つにしています。エンプロイヤーブランドの意味は、勤務先としての企業の魅力度です。それを評価することで優れた人材が集まるようになり、それによって企業が成長できると考えます。

Randstad(ランスタッド)が実施するエンプロイヤーブランド・リサーチは、世界共通基準に基づいて第三者機関が世界最大規模で独自の調査を行います。世界30ヶ国以上の国と地域に住む約17万人以上の人を対象にし、2000年から毎年実施されてきました。

調査協力者は就業者のみならず、一般の人を広く対象にしているのが特徴です。つまり、世間的に企業が高く評価されているか否かが浮かび上がるということです。多くの人に働きたいと思われている企業という意味につながります。

調査後、エンプロイヤーブランドが高いという判定が出た企業は表彰され、どの点が評価されたかも公表し、エンプロイヤーブランドの形成に役立てられるように考察結果も伝えます。調査や統計結果はサイトにも掲載され、一般の人も見ることが可能です。

サイトには週に数回は経済ニュースさながらの情報がアップされるので、目を通しておくと役立てられるかもしれません。こうしたトピックスは求人広告のように業界別や属性別にカテゴリ分けされており、検索しやすいです。

また、法改正や助成金、資格などの情報も掲載されます。企業と就業者の考えの相違や現状などを知っておけば、就職や転職の際の企業選びの参考になる可能性があります。

 

Randstad(ランスタッド)はオランダ発の総合人材サービス会社です。日本では後発組に入るため認知度は高くないものの、世界では市場シェア第2位を誇ります。特に年収800万円以上のハイクラス求人や外資系企業の求人、日本在住外国人への求人斡旋を得意としています。

派遣社員や短期アルバイトの求人も豊富に揃えており、障害者への求人斡旋も実施中です。人材サービスの他、より良い企業を育てるために、エンプロイヤーブランディングの周知を図ることにも注力しています。

働きたいと思われる魅力のある企業を表彰することで、働きやすい職場を増やしていく狙いがあります。サイトには求人検索のみならず、コラムや統計結果、ニュースなどのコンテンツも豊富です。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧