IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

ヘッドハンティングで転職をする際の注意点

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/05/07

ヘッドハンティングをされるのはとても名誉なことですが、いくつか注意点があります。うまい話には罠があることも念頭に置いておきましょう。後悔しないようにするためにもどんな点に注意すべきか、今一度、把握しておくことをおすすめします。

 

 

提示された内容と現実が違うことがある

ヘッドハンティングの話が舞い込んでくると、誰でも嬉しく感じられることでしょう。実際にはなかなかこのような話が舞い込んでくることはありません。余程、その業界で知名度が高くないことには、他社に自身の評判を知られることはないからです。

なぜ、このような話が舞い込んできたのか、冷静に考えてみましょう。単純に、これまでの仕事の実績が評価されたからという理由が挙げられます。いろいろな場で披露できるような仕事の場合、他社の目にもその仕事内容を見てもらえることがあるはずです。

実績のある人なら、このような話が舞い込んできても不思議ではありません。ところが、特に誰かに見られるような仕事をしていないという人でもヘッドハンティングの話が舞い込んでくることがあります。これは勤めている会社の人が他社にリークするといったことが考えられるでしょう。

なぜ自分に声がかかったのか、差し障りがないようならその理由をヘッドハンティングの話を持ちかけてくれた会社の人に聞いてみた方がいいかもしれません。それから、一つ注意点があります。

ヘッドハンティングとなると、少しでもメリットがないことにはその会社に転職する理由が見つからないものです。よって好条件を提示してくれることがあります。よく挙げられているのは収入面です。

今よりも倍以上の年収になるといった条件を持ちかけられることがあります。同じ仕事をしているにもかからず、年収が倍以上になるのなら、誰でもその会社に転職したいと思うことでしょう。

また、月収はそれほど変わらないものの、仕事の成果によってはボーナスが倍以上になるといった条件を持ちかけられることもあります。このような会社で仕事をするとなれば、とてもやりがいを感じられるはずです。成果をきちんと出せばそれに見合った収入を得られるからです。

向上心を高めたいという人にとって、このような条件は魅力的に感じられることでしょう。他には福利厚生の条件が今よりも良くなったり、通勤事情が今よりも良くなったりといったことも挙げられます。

トータル的に今の会社よりも条件が良くなるのなら、ここは一つ転職を考えてみるのもいいかもしれません。ところが、実際に入社してみるとその条件とは違ったということもあります。提示された内容と現実が違うのなら、転職する意味がありません。

そうならないようにするためには契約書をきちんと作成してもらったり、その会社の信頼性を調べてみたりすることが大事です。しっかりと時間をかけて調査をし、安心して転職できる会社かどうか確認してから契約しましょう。

 

他社からも声がかかることがある

ヘッドハンティングされるほどの人材というのは、とても優秀な人ばかりです。そのため、他社からも声がかかることがあります。つまり、同時に複数の会社からヘッドハンティングの話が舞い込んでくることもあるのです。これは嬉しい悲鳴と言えるでしょう。

しかし、同時に複数の会社に転職するわけにはいきません。どれか一つに絞り込む必要があります。まず、それぞれの提示する内容をよく吟味して比較しましょう。どの会社も良い条件を提示してくれるはずです。

そうすると、その中で一番良い条件を提示してくれた会社に転職したいと思うものです。しかし、あまりにも条件が良すぎるのは罠かもしれません。なぜそれほどまでに好条件を出してくれるのか、納得できるまで会社に説明を求めてみましょう。

その説明に信憑性がなかったり、少しでも疑問点や不安点を感じたりした場合には即決しない方がいいかもしれません。少し時間をかけて慎重に検討してみましょう。こうして一つに絞り込んだら、他社には断りの連絡をすることになります。

この時の注意点としては角が立たないように気をつけることです。メールで手早く済ませるのではなく、直接、会って丁重にお断りすることをおすすめします。断ったからといって全く縁がなくなるわけではありません。

いつか何らかの事情で一緒に仕事をすることもあるかもしれないからです。いつどこで再会するか分からないからこそ、敵対するような関係にならないように気をつけましょう。

同じような職種の場合、取引先として、今後、接する機会もあるかもしれません。気まずい思いをしないようにすることが大切です。それから、複数の会社から声がかかっていることを言うと、他社よりも良い条件をどんどん出してくる会社もあります。

それだけ自身のことを評価している、どうしても我が社に欲しいと思ってくれているからです。こんなふうに思ってくれている会社はとても有り難いことですが、あまりにもコロコロと条件を変えてくるというのはおかしいと感じられることもあるでしょう。優柔不断な会社かもしれません。その点も考慮した上で自身にとって最適だと感じられる会社を選ぶことがポイントです。

 

悪質な会社かどうか確認してみよう

ヘッドハンティングされたと有頂天になっているとそこには穴があるかもしれません。というのも、余程の人材ではないと、なかなか企業から声がかかることはないからです。なぜ、自分に声がかかったのか、第三者の立場になって考えてみましょう。

冷静になることが何よりも大切です。というのも、中には悪質業者もあるからです。悪質業者かどうか見極められるようにするためには、その会社の実績や評判などを調べることをおすすめします。

インターネットで情報を収集したり、いざとなったら調査会社に会社の調査を依頼したりすることも考えておいた方が無難です。ここまで徹底的にその会社について調べれば、いざ入社してから後悔するようなこともないはずです。

注意点としてはあまりにもうますぎる話には乗らないことです。うまい話には罠が仕掛けられていることがあります。自身が納得できるような理由を聞いてみましょう。

なぜ自分に声がかかったのか、自分でも納得できるような理由でなければ怪しいと思った方がいいかもしれません。それから、一人で考え込まずに周りの意見も聞いてみることをおすすめします。この話はまだ秘密にしておくようにと会社から言われることもありますが、信頼できる家族や友人などには相談してみましょう。

特に一家を支える大黒柱の人は転職することで家族の生活もガラリと変ってしまうかもしれません。家族に相談することは当然のことです。家族や友人などの意見から冷静になることもできます。身近な人の意見を取り入れて考えてみましょう。

 

まず、信頼できる会社かどうか確認してみましょう。それから、先方が提示する内容をよく吟味することも大切です。いざ入社してから提示された内容とは全く違ったというのでは困ります。そして、優秀な人材には他社からも声がかかることがあるので、どの会社を選ぶかよく考えましょう。

悪質業者を見極めたり、他社と比較したりするためにはインターネットの情報が参考になります。また、身近な信頼できる人の意見も参考にしてみましょう。家族や友人などに相談してみるのも大切です。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧