IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

Morgan Mckinleyの口コミや評判

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/05/07

会社名:Morgan Mckinley

住所:東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー17階

TEL:+813-4550-6560

 

 

 

ヘッドハンターはマーケット情報を得るために大いに活用すべき「ツール」であり、専門性によって使い分ければ可能性が広がります。

ここでは専門性に特化したMorgan Mckinleyが選ばれる理由と、その上手な使い方を紹介します。

 

外資系とのコネクションに強い転職会社

Morgan Mckinleyは、1995年にイギリスで設立しました。金融業界に強い人材紹介サービスとして有名でしたが、近年はITやコンサルティング業種の転職支援サービスも強化していることが特筆できます。

特徴は外資系企業とのコネクションが強いことで、特にBIG4、戦略系コンサルティングファームとの連携に長けていると言えるでしょう。転職先として金融関連やIT関連、戦略ファームを狙うなら、利用価値が非常に高いサービスです。求人保有数が多いのはITディレクターやSE、ERPなどのスペシャリストです。

現在これらのニーズは高く、待遇もかなり期待できる職種のため、転職には有利な状況と言えるでしょう。例えば、エンジニアが現場メインの実務から事業を俯瞰に見るポジションへ転換するキャリアパスを描いているなら、Morgan Mckinleyと話しをしてみる絶好のタイミングです。

また、すでにコンサルティングファームでコンサルタントとして活躍している人材が、キャリアアップを積極的に狙って行くなら頼もしいパートナーとなってくれるはずです。ITスペシャリスト以外にも、人事や総務、経理、財務などのバックオフィス系の求人にも強いという特徴があります。

こうした特定の分野に特化して質の良い求人案件を紹介できる会社はなかなかありませんので、自身の希望とマッチする場合は情報源として押さえておくべき先です。ただもちろん、信頼できるヘッドハンターでなければ意味はありません。

業界知識に詳しいことはもちろんですが、何より信頼できるヘッドハンターを見つけることが大切でしょう。人として信頼に値するのは、もちろん倫理を守れる人物であることです。会うことを他言したり、聞いた情報を流布したりするような人物や、本人の許可なくCVをクライアントに送付するような倫理にもとる人物とは当然接触すべきではありません。

特に金融の世界では多くのヘッドハンターが活躍していますが、多くのヘッドハンターの中から選ぶ際には迷うのも当然でしょう。基本的な基準は専門性の高さと守秘義務であり、その点においてMorgan Mckinleyが選ばれるのは当然と言えます。

 

カバー業種において絶大な信頼が置かれている会社

ヘッドハンターを利用した転職は、日本ではまだあまり一般に浸透しているとは言えない状況でしょう。Morgan Mckinleyが日本にオフィスを開設したのが2005年ですが、まだまだ知名度が高いとは言えないかもしれません。

ただ特定の分野においては絶大な信頼があり、Morgan Mckinleyがカバーする業種では重要なビジネスパートナーとして認識されていることも事実です。Morgan Mckinleyの求人は首都圏に限定され、80%以上が東京都内の案件となっているのが特徴です。

業種としては金融とIT業界が多く、投資銀行の求人が約25%を占める割合になっています。他にはアセットマネジメントやプロフェッショナルサービスが16~17%を占め、金融への強さが一目瞭然と言えるでしょう。IT関連のテクノロジー&通信の割合も多く、外資求人としては医薬品や製薬会社の求人も取り扱いがあります。

ざっと業種を見てもわかるように、ほとんどの求人案件が非常に好待遇のものが多く、高年収が見込めるのも特筆すべき内容です。年収別に求人情報を見ると、一番多い層が年収1000万円~1500万円で全体の67%にも上ります。

年収1500万円~2000万円の層でも10%弱、2000万円~3000万円でも4%近くあり、1000万円以上をまとめると全体の80%をも占めていますので、非常に期待が高いことがわかるでしょう。

もちろん収入が高い以上転職者に求められるレベルも高くなるのは当然ですが、それこそが狙うべきポイントであり、ヘッドハンターを活用すべき点と言えます。合致するジャンルでプロフェッショナルとしての自信と実力があるなら、Morgan Mckinleyを活用しない理由はありません。

どのような人材におすすめかと言えば、自身の専門分野に精通している自負のある人です。これまで培った実績を活かし、さらなるステップアップを狙っているなら、手厚いサポートを受けられる会社です。

そうした意味では、まだ業界経験が浅い人が転職活動を行う場合や、一切関連のない分野へキャリアチェンジをしたい場合は不向きかもしれません。ただ、国内でしか働いたことのない人が海外の求人情報の紹介を受けることは問題ないでしょう。

 

Morgan Mckinleyは実力者の味方

ヘッドハンターをあまり利用したことのない人は、Morgan Mckinleyのヘッドハンターと会って話すだけで転職が決まってしまうように感じるかもしれません。でも実際にはヘッドハンターとの話し合いはマーケット情報の交換であり、最新のマーケット情報を聞けるチャンスでもあります。

もちろん求人情報や報酬の業界水準を聞くこともできますし、自身のキャリアパスを描く際に参考にすることができますが、もっとカジュアルに情報ツールとして利用するのも良い方法です。どれほど優秀なヘッドハンターでも全分野を網羅するのは不可能ですから、Morgan Mckinleyのように専門性の高い仕組みを持っている会社が信頼されるのは当然でしょう。

アセットマネジメントやコンサルティング & プロフェッショナルサービス、金融フロントオフィスやITなど、専門性の高い分野でMorgan McKinleyは長年にわたり高い評価を得ています。雇用形態や給与額は問いませんが、最善の結果を導き出す最良のビジネスパートナーとして独自に支援サービスを行っています。

また技法はもちろん、肝心なのは携わる人間であり、人材コンサルタントの信頼度が高いことも最大の特長と言えるでしょう。各コンサルタントが丁寧に時間をかけて企業ニーズと転職者の希望をすり合わせ、win-winの結果を出せることが選ばれる理由です。

また、Morgan McKinleyは世界10ヵ国にオフィスがあり、ヨーロッパとアジア太平洋地域の主要都市がメイン市場です。本土イギリスの他、日本、オーストラリア、 カナダ、中国、フランス、香港、インド、アイルランド、シンガポールの金融センターに拠点があり、ネットワークを活かしてマーケットの最新情報を把握しています。

これだけ国際的な人材紹介サービスを行っている会社はなかなかありませんが、同時に各分野において業界をリードする一流企業とのマッチングを行っていることも特筆できます。

まさに最良のアドバイザーとなることを心がけているだけあり、紹介する業種に関する専門知識は素晴らしい評価を得ています。長期的キャリア形成と目標達成のため、国内外を問わずキャリアアップを目指すなら、選んで間違いはない会社と言えるでしょう。

 

Morgan McKinleyは、東京首都圏をメインに人材派遣を行っている紹介会社です。マーケットの最新情報に詳しいヘッドハンターが、転職者の最良のビジネスパートナーとなるべくサポートを行っています。

日本でヘッドハンターはまだまだ浸透していないイメージですが、Morgan McKinleyはカジュアルに利用しながらキャリアパスを描くのがおすすめです。金融やIT関連で高収入好待遇の求人案件を多数持っていますので、是非利用するのがおすすめです。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧