IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

ヘッドハンティングで転職をするメリットとデメリットは?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/05/07

転職をするときにはヘッドハンティングを受けたいと思う人もいるでしょう。ヘッドハンターに目を向けてもらえるように努力を続けていけばそのチャンスもあるかもしれません。

しかし、転職の方法としてはメリットもある一方、デメリットも少なくありません。具体的にどんな点を気にかけておいた方が良いかを確認しておきましょう。

 

ヘッドハンターにスカウトされるメリット

ヘッドハンターによるスカウトを受けて転職するメリットは、今よりも高い待遇を与えられることです。年収は現職よりもかなり高めに設定されることになり、役職も付けてもらえる場合がほとんどです。

転職に際して引越しなどが必要になる場合にはその費用も手当として出してくれることすらあります。金銭面に関して待遇が良いだけでなく、住居などの手配すら依頼できることもあるでしょう。

基本的には今よりも待遇が悪くなってしまうことはないのがメリットです。またヘッドハンティングを受けて転職するとやりがいのある仕事に従事することができます。

ヘッドハンターに依頼して人材を獲得しようと考えている企業では、この人材がいればこのプロジェクトを始められる、現場に改革を起こすことができるなどといった期待を抱いているのが一般的です。面接を受けるときにも具体的にこれを達成して欲しいと要求されることになり、入社したらすぐにその業務に取り掛かることができます。

大きな期待を受けて取り組む業務にはやりがいがあり、目標を達成した暁には大きな報酬をもらえることもあるでしょう。昇進や昇給、ボーナスなどで労ってもらえることに加え、社内での評価も高くなります。

それに加えて詳しい内容の説明を受けた上で転職するかどうかを決められるため、興味がある仕事かを判断した上で転職できるという特徴もあります。待遇に不満がある場合にも交渉して、これ以上の給与であれば転職するといった回答をすることも可能です。

納得して働ける環境を手に入れられるのはヘッドハンティングを受ける最大の魅力でしょう。ヘッドハンターに目をつけてもらえると、次々に別の仕事を紹介してもらえることもあります。

引く手数多なほどの能力と経験がある人にとって、この上ない理想的な転職の機会となるのです。また、応募手続きが基本的に必要ないのもメリットです。求人に応募するのと違って、企業やヘッドハンターの方からオファーが来たときに話に応じれば採用してもらえる機会が得られます。

企業研究をして履歴書や職務経歴書の内容を吟味し、書類選考を潜り抜けようと努力しなくても大丈夫なのです。その時間を現職での仕事に費やせるので、ますますキャリアアップできるでしょう。

それによってさらにヘッドハンティングを受けられる可能性が高まり、より良い待遇でのオファーを受けられると期待できます。面倒な手続きなしに直接、企業やヘッドハンターと交渉できる仕組みになっているのは時間の浪費を減らせる重要なメリットです。

 

デメリットになるのはどんな点なのか

実はヘッドハンティングを受けるデメリットはたくさんあります。基本給は上がるのは確かで役職付きになるのは確かですが、管理職になると残業手当が出なくなるでしょう。

あるいは裁量労働制で採用されることも多く、いくら働いても同じ金額しか給与が出ません。それが理由で仕事に対するモチベーションが失われてしまうリスクがあります。

また、今まで残業をたくさんしてきた人の場合には年収が結果的に下がる可能性もあるでしょう。一方、今よりも高い身分で仕事に取り組むようになるため、より大きな責任を負いながら働くことになるでしょう。それがやりがいになる面もありますが、この目標を達成するために入って欲しいという形で契約しているので、かなりのプレッシャーを受けながら働かなければなりません。

上司からの目が厳しくなり、職場にいるのが辛いと感じるようになってしまう場合もあります。また、ヘッドハンティングを受けて現場に役職付きで入ってくると、社内の人からの視線が厳しいことも少なくありません。

社内でずっと努力をしてきた人から妬まれてしまうリスクがあるのです。特に上層部から期待されていたように業務をおこなえていないと非難を受けるようになってしまう確率が高くなります。その点でも今まで以上の努力をせざるを得なくなるでしょう。

ヘッドハンティングでは書面上の待遇は良くできるのが基本ですが、勤務場所などはヘッドハンターに人材紹介を依頼している企業によって決まってしまいます。都心部の企業も利用しているものの、地方の企業もよくヘッドハンターに相談しているので、働ける場所に魅力があるかどうかはケース・バイ・ケースです。

都心で働きたいと考えているのに地方の企業からしかオファーがない場合もあれば、逆のパターンもあり、勤務場所は運に左右されることになります。一般的な転職のように、自分で条件を定めて求人を探すのとは違い、理想的な場所の企業が興味を持ってくれるのを待っていなければならないのがデメリットです。

同様の問題として、すぐに転職したいと思っていてもできるとは限らないのも問題点でしょう。あくまでオファーがなければ転職できないのがヘッドハンティングだからです。業界でよく名前を知られていて実績が豊富にあるような人でないとなかなか機会を得られず、いつまでも同じ職場で働き続けなければならなくなってしまうこともあります。

 

騙されてしまわないように注意しよう

ヘッドハンターを頼って転職しようと思っている人は気をつけなければならない点があります。ヘッドハンティングを受けると魅力的な待遇で採用してもらえるという事実はよく知られているため、自分はスカウトされることはないだろうと思っていた人もオファーを受けると喜んで受けてしまいがちです。

しかし、この事実の理解が広まっているのが原因で詐欺まがいの行為もおこなわれるようになっているので注意しなければなりません。悪徳な考えで活用しようと考えている企業が少なからずあるのはデメリットとして覚えておきましょう。

例えば、高額の年収を提示して採用したいというオファーがあり、退職手続きをしていざ入社しようと考えたら会社が存在しなかったという事例があります。採用担当者やヘッドハンターとの連絡も取れなくなってしまい、路頭に迷うことになってしまうというケースがあるのです。

また、この待遇で働けるのならぜひ入社したいと思って転職を遂げたものの、現場に入ってからまもなくして減給になる例もあります。想定していたほどの働きをしてくれていないから減給するといった形でまっとうな理由をつけられてしまうこともあるでしょう。

あるいは減給はされなくても昇給がほとんどなくて年収が伸び悩んでしまい、数年経過してから後悔し始めることもあります。このようなリスクを伴う転職方法だということは認識しておかなければなりません。

 

ヘッドハンティングによる転職は今よりも高い待遇を得られ、やりがいのある業務を任せてもらえるのがメリットです。条件交渉も自由におこなえるので、理想的な待遇を提示してくれるまでは転職しないというスタンスを持つこともできます。

しかし、大きな責任を求められる仕事を任されることになり、重圧が大きくて辛い思いをしてしまうこともあるのは事実です。また、昔から働いている同僚から妬まれてしまうこともあります。

採用後に減給するような詐欺まがいの行為も行われる場合がある点にも留意しておく必要があるでしょう。このようなメリットとデメリットを考慮して活用するかどうかを判断するのが大切です。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧