IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

ヘッドハンティングされても面接で落ちることがある?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/05/07

ヘッドハンターにスカウトを受けられたら、クライアントになっている企業に必ず歓迎してもらえるだろうと考えている人もいるでしょう。企業と面接をしてみたら断られてしまうというケースはあるのでしょうか。

その事実を把握してヘッドハンティングを活用する上での心構えを作っておきましょう。

 

スカウトがあった時点で落とされるリスクは極めて低い

基本的にはヘッドハンティングを受けられた場合に、オファーの内容を承諾すれば迎え入れてもらうことができます。ヘッドハンターから連絡があってスカウトの内容やクライアントに関する説明を受けた後、その場で採用が決定されることはありません。

必ず企業の担当者と直接会って話をする機会が設けられ、より詳細な企業説明や業務内容の提示、オファー内容の詳しい説明などが行われます。そして、転職する意向を示した場合には給与や勤務形態などの詳細な雇用条件の交渉が行われ、双方が納得する形で雇用計画が結ばれるという流れが一般的です。

この際に入社するかしないかの決定権が強いのはオファーを受けている人の方で、入社したいと言えば企業は諸手を挙げて歓迎し、辞退したいと言えば条件を変えて交渉するといった形になります。

そのため、面接をしたときに採用して欲しいという意向を示せば落とされることはほとんどないのです。ただし、例外的な事態はあるのでどんな例があるかを確認しておいた方が良いでしょう。

 

落とされてしまうケースの代表例とは?

面接の時点で落とされてしまうケースとして代表的なものが四つあります。一つ目はヘッドハンターから聞いていたのと様子が違って適任ではないと判断されたときです。職歴や技能、経験や実績などについては客観的な根拠があるので確かだとヘッドハンターから紹介を受けた時点で納得できます。

しかし、人柄や性格、マナーの有無などの相手に与える印象や現場の雰囲気への影響を与える要素については実際に会ってみるとだいぶ違うということはあるでしょう。落ち着いた雰囲気の人だと聞いていたけれど、実際に話をしてみるとかなり毒舌で周囲に悪影響を与えるのではないかと懸念されることもあります。

管理職として十分に働けるポテンシャルがあるとヘッドハンターに一押しされていたものの、全体を見る視野を持っていなくてすぐに管理職として働けるとは判断できないといったケースもあるでしょう。ヘッドハンターにはまだ駆け出しの人もいるのでうまく人材の吟味ができていないこともあります。

また、ベテランであっても専門職の人を選ぶときには適切なスキルを持っていて即戦力になるかどうかを正しく判断できない可能性もあるのは確かです。このようにヘッドハンターとクライアントが人材から違う印象を受けるケースはしばしばあり、その点が採用判断をするのに重要なポイントになっていると落とされてしまうことがあります。

二つ目はクライアントとヘッドハンターのコミュニケーションがうまくできていないケースです。一般的にはヘッドハンターが採用候補となる人材を探し出し、その詳細な経歴や実績を調べてクライアントに紹介します。その際に十分にクライアントとヘッドハンターの間で協議が行われ、本当に期待している業務をこなせる人材か、どのくらいの内容のオファーを出せば納得して入社してくれるかを考えているのが通例です。

しかし、あまりヘッドハンティングに慣れていない企業の場合にはこの段階を疎かにしてしまい、面接をしたときに採用するかどうかを決めれば良いと考えてしまうことがあります。公開求人を出して人材を募集するときと同じように、面接で選考するというスタンスで企業が人材と会うケースもあるのです。

通常はヘッドハンターが違いを説明し、オファーを出していかにして転職先として決めたいと思ってもらえるかを熟考しなければならないことを理解させます。しかし、そのコミュニケーションがうまくできていないと、面接で落とされる結果に終わる可能性があるのです。

三つ目は当日の自分の発言や挙動に問題があると判断された場合です。優秀な人材と期待されるから是非とも迎え入れたいと会う前までは思っていても、少し話をしてみたらあまり好ましくない面も大きい人材だという印象を持たれてしまうことがあります。

様々な話をしている中でクライアントの事業内容について否定的な意見が多かったり、他社との比較をしてけなすような発言をしていたりすると印象が悪くなるでしょう。それに対して建設的な改善案を提示するようであれば考えを変えてくれる可能性がありますが、真っ向から事業を否定されるような感じではたとえ実力があったとしても受け入れない方が良いという判断になります。

また、挙動についても見てみると採用を見送った方が良いと考えられてしまう場合があるので注意が必要です。よくあるパターンとして技術職などのように社内での業務ばかり行っていた人を管理職としてヘッドハンティングするときに、対外的な交渉力がないという印象を受けて採用を断念するというものです。

スムーズに話ができなかったり、相手をしっかりと見て話ができなかったりするようなビジネスマナーができていない人の場合には断られてしまいやすくなっています。

四つ目は条件交渉が決裂してしまったというパターンです。落とされるというよりは辞退するといった方が良い形ですが、給与などの待遇を希望通りにはできないと言われて採用を見送られるケースはしばしばあります。

 

虚偽の情報にも気をつけておこう

もう一つ例外的に面接時点で落とされてしまうケースとして挙げられるのが、クライアントが持っている情報が事実と異なっていた場合です。ヘッドハンターもクライアントも入手可能なプロフィールなどの多様な情報から判断して適任かどうかを判断しています。

面接でその詳細を聞いてみたら内容が事実と違っているというケースもないわけではありません。たとえそれが自分が虚偽の内容を公開したのではなかったとしても落とされる可能性があります。

ヘッドハンティングではいくつかの項目を挙げて条件を満たしている人にだけオファーを出しているのが通例です。重要なポイントが満たされていなかったとしたら適任ではないということになり、企業としては迎え入れる意思がなくなります。

もし自分で虚偽の情報を公開していたのであればそれを理由に断られることになります。ヘッドハンターの情報調査が誤っていた場合には謝罪を受けた上でオファーはなかったことにするという形に落とし込まれることが多いでしょう。

このようなトラブルが起こらないようにするために、インターネットや関連業界の情報誌などの調査をして、虚偽の情報が広まっていないかどうかを確認しておくのも大切です。

 

ヘッドハンティングでは基本的にはスカウトを受けられた人材が主導権を握ることができるため、面接を受けたら落とされることはほとんどありません。しかし、例外的なケースはあり、ヘッドハンターの目利きが正しくなかったり、クライアントのヘッドハンターの間でコミュニケーションがうまくできていないと不採用になることもあります。

当日になって適任ではない面があると発覚することもあるでしょう。また、条件交渉をしたときに企業側が人材の希望条件に合ったオファーを出すことができずに断念するケースも少なくはありません。

一方、情報調査の時点で虚偽のものがあったために適任ではなかったと判断されてしまう事例もあるので注意しなければなりません。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧