IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

ヘッドハンティングには違法行為はある?

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/05/07

優秀な人材は、数億円レベルの利益をもたらしてくれるので、必要としてる会社は数多くあります。そのような人材を探す場合に利用されるのが、ヘッドハンティング会社で、IT業界でも利用している会社は少なくありません。

ここではヘッドハンティング会社を利用した場合の法的リスクの有無などを見ていきましょう。

 

基本的に法的な問題にはならない

ヘッドハンティングとは、あるIT業界の企業に在籍している優秀な人を他のIT業界の会社が引き抜くことを言い、引き抜き行為をしている会社もあります。引き抜きたい人に電話したり、その人が休みの日にあったり、などのことを行い説得して、自社に来て貰います。

他にもさまざまな行為がありますが、これらの行為をしたとして基本的に違法性があるものではなく、心配することはないでしょう。根拠は憲法22条1項で、これが職業選択の自由が認められていて、これには転職する自由も含まれていると解されています。

最高法規である憲法に反する法律や条例などは違憲判決が出ますので、基本的に存在しないと考えることができます。実際、日本には少なくないヘッドハンティング会社があり、優秀な人を引き抜いていますが、トラブルになることはそう多くはないです。

もちろん、そのことはIT業界でも同じことで、多くの人が円満に仕事をやめて新しい会社に移り活躍しています。まして、裁判沙汰にまでなることはさらに多くはなく、基本的に人材の引き抜き行為をしたとしても法的問題は起きないと考えていいでしょう。

インターネット上では、この問題に詳しい弁護士が自己の見解を述べていますが、基本的に法的問題にならないと述べています。人材が引き抜かれた方の会社が、怒りのあまり感情的になり裁判をするぞと言うこともありますが、不必要に恐れることはありません。

スカウトされるのはIT業界でも特に優秀な人が多く、今貰っている給料が増えたり地位が上がったりすることが、少なくないです。また、今いる会社では得ることができない経験を積むことができることもあり、その場合自分の価値をさらに上げられます。

因みに、引き抜かれた会社が元従業員に対して裁判をした場合に不当訴訟、つまり逆に違法行為になることもあるので、このことは覚えておいて損はないです。また「転職したらうちのIT技術を盗んだと言う嘘を警察に言ってやる」と言う発言は、刑事上の問題がある発言に該当することもあります。

 

違法な行為と評価される可能性もある

法的問題となることもあり、たとえば引き抜かれた会社とスカウトされた人との間で「この会社をやめたあと一定期間他のITの会社に転職しない」と、約束していた場合です。民法などの法律は、基本的に私人と私人の自由な意思によってなされた合意を大切にしていますので、約束に反すれば違法行為になる場合があります。

ただ、前述した通り憲法22条1項によって転職する自由を我々は持っているので、あまりにもおかしい約束事は無効となります。たとえば、「うちの会社をやめたあと他のIT業界の会社に期限関係なく就職しない」なんて言う約束は無効になる可能性が高いでしょう。

この点、その約束が「合理的な範囲を超えたら」無効になると言う裁判判例もあり、合理的な範囲を超えたかどうかは、さまざまな事情を考える必要があるとしました。ここで言うさまざまな事情とは、ライバル会社への転職を制限した年数や転職が禁止された業種、などのことです。

裁判では、慣習など考慮されることがあるので、IT業界特有の慣習も、ここで言う事情に含まれることになるでしょう。その他、スカウトされた人が社会通念上当然に尽くすべき義務を、履行しなかった場合なども違法行為となる場合があります。

たとえば、引き抜きされたことにより、仕事をいいかげんに処理してしまい会社に経済的損害を与えてしまった場合です。他には、スカウト後転職することとなる会社の都合に合わせるため、社会通念上許さらないようなやめかたをした場合なども法的問題となることもあります。

基本的に「これは絶対にありえない」なんて思われるようなことをしなければ法的な問題にならないので、常識的なことを守っていれば大丈夫でしょう。常識的なことを守ることで、職場の人から理解して貰いやすくなり、円満に仕事をやめることができるようなります。法的請求と言うのは、請求権利者が行使するかどうかを自由に決めることができ、円満にやめれば法的な話にもなりにくくなるでしょう。

また、仕事と言うのは評判が大切で所属していた会社に迷惑をかけるやめ方をしたら、業界で悪い噂が広がってしまうこともあります。そうなると、いいことはないので、自分はもちろん所属していた会社が納得できるようなやめ方をした方がいいと言えます。

 

ヘッドハンティング会社は法的責任を負うか

仮にヘッドハンティング行為に違法性が認められる場合、発生した損害を賠償する義務がある人は、違法行為を行った人です。そのため、引き抜かれた人が単独で行った法的に問題ある行為についての責任を、ヘッドハンティング会社が負うことは基本的にありません。

しかし、共同して違法行為を行ったと判断できる場合には、ヘッドハンティング会社も法的責任を負うことがあると言えます。過去に、会社の将来を左右するレベルの仕事を任されていた人が、その会社のライバル企業と計画をたてて、20名を超える部下を引き抜いたことがあります。

この話は訴訟にまで発展して、違法行為性が認められ、ライバル会社も法的責任を負うと言う判断が下されました。つまりヘッドハンティング会社が従業員に法的に問題になる行為を依頼した場合、または客観的にみて共同して違法行為を行ったと判断できる場合、法的責任を負う時もあります。

先に言った訴訟では「きわめて背信的」な方法により引き抜きがあったとので、共同違法行為責任の成立を認めました。きわめて背信的な行為にあたるのかは、判断が難しく、ちょっとでも事実関係が違ってくると判決の結果が異なる可能性があると言えます。

引き抜きたい人材に転職させるために「引き抜く会社のIT技術を利用するとウイルスに感染する」などの嘘を流したなどの場合も法的問題となることがあります。他には、他の会社と結託してその会社に経済的損害を与えるような行為をした場合も法的問題がある行為だと判断されることもあるでしょう。

実績や実力のあるヘッドハンティング会社では、法令や業界のマナーなどを守り、人材引き抜き行為を行っていますので、こういった心配あまりないと言えます。これらの会社は、引き抜き行為を行う場合、この問題に精通している弁護士に確認をとりながらスカウトをしていることも少なくないです。

相談している会社が、良い会社かどうかは担当者と話しているとなんとなく、自然と分かるのではないでしょうか。そのため、転職後後悔をしないためには、スカウトした相手方と時間をかけてじっくり話してことを進めることをおすすめします。

 

IT技術の進歩はすさまじく、これからさらに人の生活を豊かにしてくれることが期待できると言えるでしょう。そのため、IT業界の規模はさらに大きくなることが予想され、日本のみならず世界で特に注目されている業界になります。

優秀な人材に数多く自社に来て貰うことで、数年後に「IT業界で注目されるような会社」になれることが期待できます。ヘッドハンティング会社に相談すると、自社により多くの利益をもたらしてくれる人材を迅速に探せることでしょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧