IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

ヘッドハンティングは無視しても大丈夫?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/30

ヘッドハンターや他企業から注目されてヘッドハンティングされたというときに、どう対応したら良いのかで悩んでしまう人もいるでしょう。今の職場で働き続けたいという気持ちがあると、特にどう答えるべきなのかがわからず、無視してしまいたい気持ちになるケースも少なくありません。

基本的には無視してしまっても問題ない

ヘッドハンターから面談をしたいというオファーが届いたり、企業からうちに来ないかというスカウトがあったりしたときには回答に困ってしまいがちです。アプローチの仕方にもさまざまなものがあり、企業同士のイベントの際に直接相手方からオファーの話をされることもあれば、会食に呼ばれて話を切り出されることもあります。

ヘッドハンターから電話がかかってきたり、メールが届いたりすることもあるでしょう。SNSを使っているときにメッセージが送られてくるケースも少なくありません。さらにはブログへの書き込みなどでオファーがかかることもあります。

どのようなケースであっても、もしオファーの内容に興味があるのなら速やかに返事をするのが大切です。細かくアピールをしなくとも、少なくとも興味があるから話を聞きたいといった応答をすぐにしておいて損はありません。

ただ、今の会社で働き続けたい、あるいはこのオファーには全く興味がないといった場合にもあるのは確かです。回答に窮しているうちに月日が経ってしまうと、オファーを出したヘッドハンターや企業の立場で考えたら無視されたという印象を受けることになります。

悪い印象を持たれたくないから速やかに返事をしたいと思うのももっともなことですが、無視してしまっても実はあまり問題はありません。結局はヘッドハンターや企業の都合でオファーをかけているだけなので、応答がないのは興味がなかったからだと考えてもらうことができるからです。

ヘッドハンターや企業のとしても即座に了承をもらえるとは思っていない場合が多いため、回答がないのは仕方ないと思ってくれます。また、即座に断られてしまったとしても仕方ないと手を引いてくれるのが一般的です。

経歴的に考えて本当に優秀で是非とも会ってみたいという場合には何度もアプローチをかけられることもありますが、その都度無視してしまっても実害を被ることはないでしょう。断るにもどんな言葉を選んだら良いかわからないという場合には気にしないというのも悪い考え方ではないのです。

将来的に転職したいなら問題になり得る

ヘッドハンティングのオファーが届いたときに無視してしまうのには一つだけリスクがあります。これから先のことを考えた場合に転職したいという気持ちがあるなら無視せずに何らかの応答をしておいたほうが良いでしょう。

企業からのオファーの場合には、その企業や子会社に全く興味がないのならそれほど大きな問題になることはありません。もし将来的にはその企業の系列会社に転職できたら良いと思っているという場合には、一度コンタクトを取って人脈を作っておくと有利になる可能性があります。また、興味を持ってくれない人材として覚えられてしまうこともなく、転職したいと思ったときに不利にならずに済むでしょう。

一方、ヘッドハンターからのオファーの場合にはとりあえず一言でも返事をしておくのが無難です。今は転職する意志はないけれど、将来的には転職したいと考えているということを伝えておくだけでプラスになります。

ヘッドハンターから見て魅力的な人材として既に捉えてもらえているため、転職したいと思ったときにコンタクトを取ると速やかに志望企業にアプローチしてくれると期待できるからです。候補となる企業を挙げて欲しいといった相談にも快く応じてもらえるでしょう。

ヘッドハンターとしてはできるだけ多くの人脈を作りたいと思っていることが多く、アプローチに対して返事があるだけで好印象を持ってもらえます。たとえオファーを断る内容であったとしても、他の企業なら転職を考える、将来的には検討しても良いといった内容なら魅力的な人材としてリストに入れておいてもらえるのです。

このような理由から、基本的には速やかに返事をしておくのが将来のためになります。

最適なのは丁重に断りの連絡をすること

オファーをしてもらったけれど受ける意志はないというときに最良な対応は、丁重に断りの連絡をすることです。ヘッドハンターでも企業でも、本気でスカウトしようとしている場合には返答を一週間以上も待ってくれるのが通例です。

その間は他の候補者にアプローチすることはないというのが基本で、返事があったら要望に応じた対応をしようと考えてくれるでしょう。そのような万全の体制をいつまでも整えておくのは大変なのは明らかで、無視してしまうとかなりの負担をかけてしまうことになります。

社会人として適切な対応を考えると、オファーを受ける意志がないことを率直に伝えるのが肝心なのです。ただ、どのようなタイミングで連絡をするかはよく考える必要があります。

対面でオファーを受けたときや電話で連絡されたときにはその場で断るのが簡単な方法でしょう。ただ、あえてその場では断らずに、後日に返答をするということも可能です。

メールやメッセージなどの場合にも、気づいたときにすぐに返事をする以外にも何日かしてから答えるということもできます。このタイミングによって全く同じ内容の返答であっても相手に与える印象が変わるので注意しましょう。

即刻で返答した場合には全くオファーを受ける意志がないことを端的に伝えられます。何度もアプローチされるのがわずらわしいと思っているなら最も適している対応方法です。このときに悪い印象を持たれないようにするには、相手を気遣う言葉を交えて丁重に断ることが必要になります。

一方、数日後になってから返事をすると、ヘッドハンターや企業はアプローチをかけた相手が悩んでいた様子を察することができるでしょう。もしかするともっとプッシュすればオファー受けてくれるかもしれないと考えるかもしれません。そのため、もう一度アプローチをされる可能性が高くなり、そのタイミングを有効活用できることもあります。

例えば、その企業の系列会社で働きたいと思っていて悩んだと伝えることで、系列会社に推薦してもらえることもあるでしょう。一年後には転職を考えたいと思っているとヘッドハンターに伝えることで、その時期になってから積極的なサポートを受けられることもあります。

このように返事のタイミングを遅らせることで相手を引き込むことができるので、無視せずに有効活用するという視点も持ってみましょう。

 

ヘッドハンターや企業からヘッドハンティングされたときには無視してしまっても実害を被ることはありません。ただ、将来的に転職したいと思っている場合には返事をしておいた方が自分のためになります。その企業や系列会社への転職に有利になれることもあれば、ヘッドハンターから強いサポートを受けて転職先を決められることもあるからです。

オファーを受けるつもりがないときの最良の対応は丁重に断りの連絡をすることですが、そのタイミングも意識するとヘッドハンティングを受けられたことを有効活用できるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧