IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

ヘッドハンティングされる人ってどんな人?

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/20

転職するときにはヘッドハンティングを受けたいと思っている人もいるでしょう。しかし、ヘッドハンティングされる人にはどのような特徴があるのでしょうか。その基本的な要素を理解して、自分にも機会が巡ってくるように努力できるようになりましょう。

業界で注目を浴びている人が候補

ヘッドハンティングには大きく分けると二つのパターンがあることをまずは理解しておきましょう。

一つ目として、企業が直接人材に対して働きかけるものがあります。この場合にはその業界で注目を浴びている人材が候補になるのが一般的です。あの競合他社で大きな成果を上げている彼を何とかして引き抜きたいといった考えから、企業同士の交流イベントや各種学会などで出会ったのを機会にしてアプローチをかけるというのがよくあるパターンとして知られています。必ずしも業界の人なら誰でも知っている人材である必要はありません。

例えば、あのシステムを開発したときにアイデアを出したのはこのエンジニアだということを人づてに聞いて、その発想力を買ってスカウトするというケースもあります。口コミで広まった評判から判断して企業にとってメリットが大きい存在だと思われたときにアプローチがかかることがあるのです。

もう一つ典型的なのが優秀な人材を探している企業からの依頼を受けたヘッドハンターがスカウトをかけるというケースです。この二つ目のパターンではヘッドハンターが企業に対してヒアリングをして、適任者を探し出して紹介するという形になります。

何度も企業のニーズに合っていると考えられる人材を紹介していき、ようやく企業が納得することでヘッドハンターから人材の方へアプローチがかかるという流れになるのが一般的です。人材を獲得したい企業が優秀な人材についての情報を持っていないときによくヘッドハンターに依頼が出されています。

大抵のヘッドハンターは成功報酬型になっているので、依頼を出すだけなら企業にはコストがかからず、まずはそのヘッドハンターが持っている人材リストから良い人材がいないかを見てみたいという考え方で利用されているのが通例です。

ヘッドハンターは過去に転職を斡旋した人材や、コンタクトを取ったことがある人材を起点にして企業の希望を叶えられる人材をまず探します。その中に候補がいなかったり、企業から納得してもらえる人材が見つからなかったりした場合には、各種イベントや学会などに参加して業界で注目を浴びている人とのコネクションを作り、オファーをかけてみるというのが通例です。

このような流れでヘッドハンティングされる人は、基本的には業界で存在が知られています。講演や研修のスピーカーとして呼ばれるほどに有名な人の場合もあれば、部長クラスで社外にも名前が知られている人もこともあり、さらには技術者として業界では注目されている人のこともあるでしょう。

本当に名が知られていない段階ではスカウトされることはなく、少なくとも社長や管理職クラスの人たちが、他人に対して名前を挙げて褒め言葉を告げる程度の人材になっていなければなりません。管理職クラスではない場合には具体的な成果が上がり、その内容が世の中に知らしめられると機会が生まれるでしょう。

サイトに登録している人も候補になる

企業やヘッドハンターが人材を探すときには業界で知られている人を候補にするだけでなく、他の情報ソースにも当たっている場合がほとんどです。その典型例として挙げられるのが転職を希望している人材のデータベースで、ヘッドハンターを抱えている会社に登録していると候補に挙がります。

あるいは転職サイトに登録してスカウトを募集している場合にも候補として認めてもらえることが少なくありません。少なくとも転職意志がある人として見てもらうことができ、職歴や直近の業種などから判断して候補になりそうであれば登録時に提出した履歴書や職務経歴書を見てもらうことはできるでしょう。

実際には履歴書や職務経歴書を閲覧してもらえても打診を受けられるケースはかなり少なくなっています。ヘッドハンティングをするときには、声をかけて承諾があったら即採用という程度の人材しかターゲットにしないのが通例だからです。企業としては面接をするのにもかなりのコストがかかるので最小限の数に絞り込んで、もっとも有力な人にしか打診しないというのが基本になります。

ヘッドハンターの場合にもたくさん候補を紹介するよりも、これだという人材を紹介して一発で納得してもらえたほうが信頼を勝ち取れるでしょう。そのため、履歴書や職務経歴書をよく読んでくれたとしても、本当に企業のニーズにマッチしている人でないとオファーを受けられることはないのです。

人材バンクのサイトに登録していると履歴書の閲覧履歴を参照できることもありますが、閲覧してくれている企業やヘッドハンターが大勢いたとしても全く連絡がないこともあります。少なくともコンタクトを取ってみようと思うかどうかは、企業のニーズに合っている能力を持っていると履歴書と職務経歴書の記載内容から判断できるかがもっとも大きな要素です。

わかりやすい形で記載されていないと、本当はニーズに応えられるのに不適格と判断されてしまうこともあります。そのため、サイトに登録していてヘッドハンティングされやすい人は文章能力にも長けているのが通例です。履歴書や職務経歴書の内容がわかりやすく、アピールポイントが明確で、人材としての強みや魅力が端的に理解できるように仕上がっています。

人材市場のニーズに合っていることが必須

誰が見ても優秀なキャリアを持っていて、業界でも知名度が高く、文章力も優れていて魅力が一目でわかる履歴書や職務経歴書を書きあげているならヘッドハンティングを受けられるのかというと、実は必ずしもそうではありません。

そのような輝かしい実績と能力があったとしても、人材市場のニーズに合っていなかったらスカウトを受けられることはないのです。いかに実績があったとしても、その実績がこれから展開する事業に有用なものでなければ意味がなく、今更その実績があっても何もできないと思われたら候補にすら挙げられないでしょう。

たった今ではなく、少し先の将来を見据えてどんなキャリアがあるべきか、どのようなスキルを活かせるかといった観点で人材として成長を遂げるとヘッドハンティングされる人になります。自分が活躍したいと考えている業界や職種のトレンドを展望を理解し、自分を育て上げていくと魅力的なオファーを獲得できる可能性が高まるでしょう。

その努力を怠っていないことも評価ポイントになるので、弛まぬ努力を続ける気持ちも持つことが肝心です。努力家はいつの時代にも高い評価を受けているということも念頭に置いておきましょう。

 

ヘッドハンティングされやすい人は業界で知名度が高くて実績もあり、これからの事業の展開にマッチしている能力を持っている人です。知名度が高くなかったとしても人材バンクのサイトに登録しているとオファーを受けられる可能性があります。

ただし、秀逸なキャリアを持っていてスキルや能力も長けているだけでなく、それらが企業のニーズに合っていなければなりません。総合的に見て優秀でも人材市場のニーズに合っていないとヘッドハンティングを受けられることはないので、業界や職種のトレンドを把握して自分を成長させるのが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧