IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

ヘッドハンティングの特長を知ろう

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/05/08

最近では国内でもヘッドハンティングがよく行われるようになったと言われていますが、実際にどのようなものなのか分からないという人も多いでしょう。

ここでは、そもそもどんな意味を持つのかや、企業側と対象者それぞれにとっての特長について紹介します。

 

そもそもどんな意味を持つものなのか

ヘッドハンティングというのは、優秀な人材や希少価値がある人材を自社の外からスカウトして入社してもらうということを意味します。よく、プロスポーツ選手を獲得するためにスカウトが行われますが、ビジネスの世界でも同じようなことが行われているというわけです。

対象となるのは、経営層や管理職層といった高級なポジションを担えるような人や、専門的なスキルを持っている人であり、企業にとって必要とされる人材だと言えるでしょう。

以前は、外資系企業が日本を市場として活動する際に、必要な人材を確保するためによく行われる方法でした。しかし最近では、雇用の流動化やグローバリゼーションの影響により、日本の企業でも一般化していると言えるでしょう。

ですので企業にとっても、転職を求める人にとっても、全く縁のない話ではなくなってきているのです。では、どのような方法で行われているのかというと、企業が自分で人材を見つけるという方法と、人材紹介会社に依頼するという方法があると言えます。

しかし、企業が求める優秀な人材について調査や選定を行うのはとても難しい作業になるため、実際には人材紹介会社に依頼する場合が多いと言えるでしょう。ただし人材紹介会社に依頼する場合は、当然のことながら費用がかかりますし、通常の方法で人材を採用する場合と比べて高額になります。

その報酬システムでは、着手金と、成果報酬として対象者の年収の5~6割程度が必要になる場合が多く、着手金については成功の有無に関係なく支払う必要があるでしょう。

 

企業側にとってどんな特長があるのか

企業側にとってのヘッドハンティングの特長としては、1つ目に「企業の要望に見合った人材を効率的に確保することができる」ということが挙げられます。通常、企業が人材確保をしたい場合は、ハローワークや求人サイトなどに求人を出し、応募してきた人を書類や面接で審査し、実際に採用するかどうかを決めます。

しかしこの場合、必ずしも企業側が求めるような人材が集まるとは限りませんし、特に優秀な人材を求める場合は、なかなか条件に合う人が現れないという状況になることもあるでしょう。

しかし企業側からスカウトするという方法であれば、あらかじめ相手の実績やスキルを調べた上で声を掛けることができるため、必要とする人材をとても効率よく確保すること可能になるのです。もちろん、人材紹介会社を利用するためには高額な費用が必要になりますが、優秀な人材がどうしても見つからない場合の最終手段として検討するよいと言えるでしょう。

2つ目に挙げられるのは、即戦力となる人材を確保できるため「人材の育成コストを削減することが可能になる」ということです。入社した社員を、企業が求めるような優秀な人材に育てるためには、長い時間がかかりますし、大量の人件費も必要になります。

それに、コストを掛けたからといって必ずしも優秀な人材が育つとは限りませんし、場合によってはコストが無駄になってしまうこともあるでしょう。しかし、すでに実績がある優秀な人材をスカウトすることができれば、人材を育成するコストを掛けなくて済むようになるのです。

そしてこの方法であれば、人材育成にかける時間も必要なくなるため、今すぐに優秀な人が欲しいという場合にも便利だと言えるでしょう。人材というのは、自社でじっくりと育てるのが基本かもしれませんが、場合によっては社外からスカウトを行った方がメリットが大きいケースもあるということが言えます。

3つ目に挙げられるのは、この方法で採用した人というのは「企業とのミスマッチが少なくて済む」ということです。この方法は、企業内にどんな問題があり、その問題を解決するためにはどんな人材が必要かということを、あらかじめ把握した上で行われます。

そしてスカウトの対象者は、企業の要望を受けた人材紹介会社によって厳しい選定が行われ、企業とのマッチングが検討されるためミスマッチが極めて少なくて済むのです。通常の転職の場合は、入社後にミスマッチが生じて能力が上手く活かせなかったり、離職してしまうリスクがありますが、スカウトする場合はそうしたリスクを抑えることができるでしょう。

 

対象者にとってどんな特長があるのか

スカウトの対象者にとってのヘッドハンティングの特長としては、1つ目に、現在勤めている企業と比べて「給与などの待遇が良くなる」ということが挙げられます。

企業側は、スカウトに応じてもらうために提示する条件として、現在よりも高収入を約束するといった、待遇の良さをアピールしてきます。当然のことながら、今と同じような給与や待遇であれば、誰もわざわざ転職しようとは思わないからです。

そのため、現在の給与や待遇に不満がある場合や、ステップアップを目指している場合は検討してみるとよいでしょう。また、企業内での地位についても、いきなり高級な役職に就かせてもらえるという可能性もあると言えます。

2つ目に挙げられるのは、現在勤めている会社とは違う「新しい環境で仕事を始めることができる」ということです。特に給与や待遇に不満がなくても、仕事自体がマンネリ化して面白みがないと感じている人もいるでしょう。

そういう場合、普通は自分で転職先を見つけるのですが、スカウトされる場合も同じように新しい仕事を始めることができます。しかもスカウトであれば、待遇面を良くしてもらうこともできるため、一挙両得だと言えるでしょう。

3つ目に挙げられるのは「これまで仕事で積み上げてきた自分の実績や才能を認めてもらえる」ということです。申し出を受けるかどうかに関わらず、スカウトしてもらうということは、それだけでとても名誉なことであり、自分の仕事に対しても、自信や誇りを持つことができるようになります。

ですので、それだけでも有難いことなのですが、もしスカウトを受けた場合は、自分の将来にとって有利になるかどうかを真剣に検討した上で答えを出すことが必要になるでしょう。また、ヘッドハンティングというのは自分から希望してできるものではなく、あくまでも待つしかありませんが、スカウトをしてもらいやすくすることはできます。

それはどんな方法なのかというと、ネット上にある転職サイトに登録してスカウト機能を利用するという方法です。転職サイトに登録すると、自分の経歴などの情報を見た企業が、面接を受けて欲しいという趣旨のメールを送ってくることがあるのです。

これは、上で説明したスカウト方法とは違いますが、通常の転職と比べて有利な条件を提示されたり、採用してもらいやすくなる場合があると言えるでしょう。

 

ヘッドハンティングとは、優秀な人材を社外からスカウトすることであり、人材紹介会社に依頼して行われるのが一般的です。企業側にとっての特長としては、効率的に人材を確保できることや、人材育成コストを削減できること、そして企業と対象者とのミスマッチを少なくできることが挙げられます。

一方の対象者にとっては、待遇面が良くなることや、新しい環境で仕事が始められること、そして自分の実績や才能を認めてもらえることが特長だと言えるでしょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧