IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

ヘッドハンティングはどういうときに有効?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/05/07

日本では欧米諸国に比べるとまだヘッドハンティングがそれほど多く活用されているわけではありません。人材紹介サービスの一つとしてどのようなときに有効活用できるのでしょうか。

人材を探している企業と、転職を考えている人材の立場のそれぞれから考えてみましょう。

 

 

企業にとって有用なのはどういうところか

企業が人材の獲得を目指すときには求人広告を出して募集するのが日本では最も一般的です。この方法と比べてヘッドハンターに依頼して人材紹介をしてもらう方法が有効な場面はたくさんあります。

一つ目に挙げられるのが特定の業務の適任者を探し出したいときです。ある業務の担い手を獲得したいというケースは企業ではよくあります。新しい事業を展開したいときにノウハウを持っている優秀な人材を手に入れて円滑に進められるようにしようというのが代表例でしょう。

また、転職する人が出てきてしまい、その人がおこなっていた業務を速やかに引き継いで行える人を急募したいというケースもあります。社内で管理職として抜擢する人や経営陣に迎え入れる人が見つからないから外部から探し出したいというケースも増えてきているのが現状です。

このようなケースでは過去に豊富な経験を持っていて実績も上げていることや、業界について詳しいこと、適切なスキルを持っていることなどが人材に求められる要件になります。

それらを全て兼ね備えている人材を探すのは簡単ではなく、特に経理や法律、技術などの観点から専門的な能力が必要とされている職種ほど本当にその業務に適した能力があるのかどうかを判断するのが難しくなりがちです。しかし、ヘッドハンターは適任者を探し出す経験を豊富に積んでいるので、その業務に適している人を厳選してくれます。

二つ目に考えられるのは短期間で有用な人材を獲得したいときです。ヘッドハンターはただ求人に応募してくれるのを待つのと違い、積極的に人材を探してくれます。

転職活動をしている候補者リストの中から適任者の検索を行い、条件を満たす人がいたらすぐにでもオファーを出す準備を整えてくれるでしょう。すぐに人材のサーチを始めてくれるので数週間で必要な人材を手に入れられるというケースもあります。

三つ目に挙げられるのが人材採用に関わる社内負担を軽減したいときです。公開求人を出して人材を募集すると適任者を厳選するためにかなりの人件費をかけなければならず、広告を出すための広告料の負担も大きくなります。

また、経営陣に迎え入れるような人を探している場合には情報調査も徹底して行わなければならないでしょう。しかし、ヘッドハンターに依頼してしまえば採用候補者として有力な人だけを厳選してくれるため、面接を行う負担もかなり少なくなります。オファーを出す上で必要な情報もヘッドハンターに調査してもらえることに加え、オファー内容の原案を作ってもらうことも可能です。

四つ目の活用場面として想定できるのが求人を出しても見つからないときです。他の人材紹介サービスもありますが、どの方法を駆使しても適任者が見つからないこともあるでしょう。ヘッドハンティングは基本的には転職活動をしようとしている人以外も対象にして探してもらえる仕組みになっています。

特にエグゼクティブの抜擢をしたいというときには自ら候補として名乗りを上げてくれる人はなかなかいません。ヘッドハンターに依頼すると、あの企業で働いているこの人ならもしかしたらなびいてくれるかもしれないと提案してくれるでしょう。

そして、どんな条件を示せばオファーを受けてくれると期待できるかも慎重に吟味した上でスカウトすることができるのです。

 

転職を希望している人にとっての魅力とは

転職したいと思っている人材側にもヘッドハンティングを利用するメリットは多いですが、転職に対する希望の内容によって有用かどうかが変わります。どのようなケースで有効活用できるのかを具体的に確認しておきましょう。

一つ目のケースとして挙げられるのがキャリアを生かして転職したいと考えているときです。ヘッドハンティングはある特定の業務に最適な人材を見つけるために活用されます。その業務を行うために十分なキャリアを持っているかがスカウトするかどうかを分ける基準です。

これまでのキャリアが充実していて魅力的なものになっているとヘッドハンターもよく着目してくれるようになります。転職後には今までのキャリアを生かして従事できる業務を与えられ、大きな成果を上げられる機会も手に入るという点も魅力でしょう。

二つ目に考えられるのが転職をして収入を上げたいというときです。転職したときに年収が上がるかどうかはケース・バイ・ケースで、実は下がってしまう事例もかなりたくさんあります。上がるケースは企業がその人材を是非とも欲しいと思っているケースだけだと考えても良いでしょう。

ヘッドハンティングはその条件を必ず満たしているため、年収はほぼ確実に上乗せされた形でオファーを受けられます。それでもなお満足できないというときには、いくら以上の給与なら転職を検討しても良いと伝えることもできるでしょう。収入にこだわって仕事を選んでいきたい人にはメリットが大きい転職方法だといえるのです。

三つ目に挙げられるのが、良いオファーがあったら転職したいと考えているときです。今の仕事でも構わないけれどもっとやりがいのある仕事に高い待遇で従事できるのであれば転職を検討しようと思っている人もいます。

その際にヘッドハンティングを活用すると求人を探す労力もかけずに魅力的なスカウトがあったときにだけ転職を検討することができます。オファーの内容に満足できないときには断っても問題はなく、条件が改善されれば受けても良いといった交渉をしても問題ありません。

 

転職を考えていない人がオファーを受けた場合

特に転職先を探している人でなくともヘッドハンティングを受けることがあります。このオファーを受けるのが良いのかどうかで悩む人もいるでしょう。現職を続けたいというモチベーションがあるときにはオファーは断ってしまった方が良いと考えられますが、少しでも転職先に魅力を感じるなら、新しいキャリアを始める機会が手に入るという点でメリットがあります。

特にミドルクラスからハイクラスの人になると漫然と仕事をしてしまっている人もいるかもしれません。転職を契機にして仕事に新たなやりがいを見出し、活動的に仕事に取り組めるようになる可能性もあるでしょう。

今まで少しでも仕事に不満を抱いていたなら、ヘッドハンティングは自分のキャリアや仕事に対する姿勢について考え直す絶好のチャンスになります。オファーを受ければ新しいワークスタイルを確立でき、これからの人生をさらに有意義なものにできる可能性もあるのです。

 

ヘッドハンティングが有効な場面は企業にも転職したいと思っている人材にもたくさんあります。企業にとっては特定の業務について即戦力になる適任者を探したいときに最も役に立つ方法で、ヘッドハンターが人材を厳選して紹介してくれるのがメリットです。

人材採用にかかる負担も軽減することができ、希望すれば短期間で人材を獲得することも可能でしょう。転職を考えていない人もオファーを受けることがありますが、その機会を使って自分のワークスタイルを見直すこともできるでしょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧