IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

ヘッドハンティングを受けた際に確認するべきこと

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/08

ヘッドハンティングを受けたらいくつか確認しておいた方が良いことがあります。まず、どんなことが不安なのか、疑問なのか考えてみましょう。それから、その会社が実在するのかどうかも調べておきましょう。

その理由は単純で、悪質業者のこともあるからです。悪質業者に引っかかって騙される人もいるので気をつけましょう。

 

その会社が実在するかどうか調べよう

ヘッドハンティングを受けたらすぐに確認すべき点があります。

まず、その会社が実在するかどうか調べてみましょう。最近は実在しない会社が増えてきているからです。ヘッドハンティングにも詐欺が横行しています。悪質的な業者が絡んでいることも少なくありません。架空の会社名で人材を引き抜き、今まで勤めていた会社を困らせることもあるのです。このようなトラブルが生じないようにするためにも、会社情報は確認しておいた方が無難です。

また、架空の会社名ではなく、実在する大手企業の名を語って騙すといった詐欺もあります。この場合は見極めるのが大変です。会社は存在していますし、有名な会社なのでそれだけで誰もが安心してしまうことでしょう。

詐欺かどうかを見極める方法としては、実際にその会社に連絡してみることです。ホームページに載っている代表電話番号に電話をしてみましょう。引き抜き話を持ってきた人の名刺に載っている番号にかけるのではありません。これでは相手が本物かどうか見極めることができないからです。本社に問い合わせをすることで本物かどうかが分かります。

ところが、最近はヘッドハンティングを別会社に委託するという会社も増えてきています。このような場合には本社に電話をかけても分かりません。委託会社に人材採用を全て任せているからです。このような場合には、委託会社について調べることになります。いわゆるヘッドハンティング会社にはどんなところがあるのか調べてみましょう。

インターネットを使ったり、この手のことに詳しい人に話を聞いたりすれば悪質業者かどうかもすぐに確認できます。このように慎重に調べることが大事です。現在の職場を退職してから実はそんな会社は存在しなかったということが分かっても遅すぎます。

現在の職場に相談してみるのもいいかもしれません。退職することになるからこそ、迷惑をかけないようにするためにも現在の職場には一声かけておきましょう。ここまで慎重に事を運べば、騙されることもありません。

 

その会社の実績や評判を調べてみよう

ヘッドハンティングの話が来たらすぐに冷静に考えてみることが大事です。浮かれていると的確な判断ができないからです。嬉しい気持ちはひとまず置いて、じっくりとその話を検討してみましょう。一人で考えるのは危険です。これもまた的確な判断ができにくいからです。

ここは信頼できる家族や友人などに相談することをおすすめします。その際、本当にその会社は信頼できるのかといったことを言う人もいるかもしれません。最近は悪質的な会社も増えてきていることから、その点を心配する人もいることでしょう。不安や疑問を払拭するためにも、その会社について調べることが大切です。

まず、その会社の実績について調べてみましょう。年収が今よりも倍になるといった好条件を提示してもらった場合、それだけのお金を本当に支払える会社かどうか、大規模なのかどうかといった点を調べることがポイントです。中小企業でこれといった実績がないようなところなら、怪しいと言えるでしょう。

また、自分がそこに引き抜かれる意味があるのかどうかも確認すべきです。これまで全く違った仕事をしていた場合、戦力となれるのかどうか不安に感じる人もいるはずです。

それに、全く違う仕事となると、楽しんで仕事ができるかどうかも分かりません。いくら好条件を提示されても、自身がやりがいを感じ、楽しく仕事ができないような会社では転職できません。このような視点からその会社を見てみましょう。

他には評判を調べることも大事です。あまり世間の評判が良くない会社には誰でも勤めたいとは思えないからです。これまで不祥事を起こしていたり、退職者が多かったりするような会社は避けましょう。世間の評判も良く、勤めている人たちも生き生きとしているような会社なら安心です。

会社によっては、一度、見学させてもらえることもあります。職場の雰囲気を知るためにも見学の意向は最初に伝えておきましょう。内部を見てみないことには即決することもできません。設備が整っていたり、環境が良かったりするような会社ならそれだけでも魅力的に感じられるはずです。

 

声が掛かった理由や条件などを聞いてみよう

ヘッドハンティングされるというのは、通常、その人材に魅力的な理由があるからです。なぜ自分に声が掛かったのか、魅力的に感じてもらえたのか、その理由を聞いておきましょう。

納得のできる理由ではないと胡散臭く感じてしまうものです。それに納得できない理由を述べてくるような会社では信頼できません。もしかしたら、悪質業者という可能性も否定できなくなってしまうので、これは声をかけてきた時すぐに聞いておいた方が無難です。

例えばよく挙げられるのはこれまでの実績を評価したという理由です。これまで手がけた仕事内容が外部にまで評価されるほど大きなものだった場合、これは納得できる理由になるでしょう。

一方、外部にまで評価してもらえるような仕事はしたことがないという人には胡散臭く感じられるはずです。自分がどんな仕事をしてきたのか、これは自分もしくは今勤めている会社の人にしか分かりません。その点を頭に入れておいた上で信頼できる理由を述べてくれる会社なら、安心して返事ができます。

それから、もし採用してくれることになったとしたらどんな好条件を提示してくれるのか。この点も最初に確認しておきましょう。ただ欲しい人材というだけでは困ります。それなりにメリットがないことには転職する理由も見つからないはずです。

今の職場よりも年収が多くなるといった条件を提示することがよくあります。月収は変わらなくても能力によってボーナスが出るというような会社もあります。このように、少しでも魅力的に感じられる条件を提示してくるようなら考えてみましょう。

一方、これといった魅力的な理由がない場合には交渉してみるのもいいかもしれません。そうではないと、今の職場から移る必要もなくなってしまいます。自分の能力や価値をきちんと評価してくれるような会社ならOKを出しましょう。

ただし、即決は危険です。交渉を引き伸ばすことでさらに良い条件を提示してくれることもあるからです。多少の駆け引きをしてみましょう。

 

このように、ヘッドハンティングをされたらただ喜んでばかりはいられません。いろいろと確認しておくべき点があります。まず、その会社が実在するか調べてみましょう。悪質業者かどうか見極めるためにも重要です。

それから、その会社の実績や評判なども調べる必要があります。安心して勤められるようなところではないと転職する意味がないからです。今の職場よりも良い職場かどうかチェックしましょう。

それとともになぜ自分に声が掛かったのか、その理由についても聞いておきましょう。納得できる理由なら安心です。他にはどんな好条件が提示されるのか把握しておきましょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧