IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

ヘッドハンティング業者はどうやって候補者を見つけているのか?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/26

ノウハウがあれば業者に依頼しなくても自社で優秀な人材をスカウトできると考えることもあるかもしれません。あるいは転職活動をしている人から見ると、うまくヘッドハンターに目を向けてもらうにはどうしたら良いのかという点で興味があるポイントでしょう。実際にどのようにして人材候補を探しているのかを紹介していきます。

昔ながらの方法として知られるサーチ型

ヘッドハンティングする人材を探す方法として古くからおこなわれているのがサーチ型と呼ばれるものです。サーチとは探索を意味する英語で、ヘッドハンターが必死に候補となる人材を探して紹介するという形になっています。業者は企業からこのような人材を紹介して欲しいという話を受けて人材を探し始めるというのが基本です。

ヒアリングを徹底しておこない、理想の人材イメージを作り上げることから仕事が始まります。年齢や性別、学歴や職歴、資格やキャリアといったさまざまな観点からどのような人材が適任かを決めるのが最初の段階です。クライアント企業の社風や企業理念、現場の雰囲気なども考慮して、人材の性格や人格、価値観などについてもうまくマッチする条件が何かをリストアップします。

また、企業が人材の採用に際して出せる年収額についても確認し、その金額でオファーを受けてくれるような人を候補にすることも基本です。このようなヒアリングと分析を経て多種多様な条件が生まれますが、その全ての条件を兼ね備えているような人はほぼ皆無と言っても良いでしょう。

クライアントが最低条件として挙げているものを満たし、ヘッドハンターの立場から考えて必要と考えた条件を可能な限りクリアしている人を探して紹介するというのが通例です。探し方は多岐にわたっていますが、基本的には積極的な人脈作りをして独自の人材バンクを作り上げています。

企業のマッチングイベントや転職フェア、新卒採用フェアなどに参加して各種企業とのつながりを作るというのが典型例です。企業に直接訪問してサービスの紹介をしつつ、担当者との名刺交換をして候補として確保しているケースもあります。また、ヘッドハンティング業者は人材紹介だけでなく、社内研修のサポートや講師紹介、人材教育のためのセミナーの実施なども業務としておこなっていることが珍しくありません。

このようなBtoBのサービスを提供することで各社とのコネクションを作り、その会社の内部の人材とのつながりも作り上げることで候補者を増やしています。この他にも、各業界で実施されている学会やセミナーなどのイベントに参加して人脈を広げつつ転職に対する意向を聞いて回るのもよく用いられている方法です。

サーチ型では転職する意向がない人にもオファーをかけて誘い込むのも特徴として知られています。このようにして作り上げられた人脈の中でクライアントのニーズにマッチする人材がいたら、直接コンタクトを取って転職の意向がないかを確認することも珍しくありません。

転職先の企業についての紹介をして、どんなポジションになるか、キャリアパスはどうなっているか、待遇はどの程度を期待できるかといった話まですることもあります。クライアントが許す範囲での情報提供をして、有望な人材を獲得するために交渉を繰り広げていることも多いのです。

近年のトレンドになっているツール型

人材を探す方法としてもう一つ主流なのがツール型で、近年のトレンドとしても知られています。転職エージェントとしてのサービスを提供している一般的な人材紹介会社ではほとんどがツール型で候補者を探しています。この方法は転職したいと考えている人に主体的に人材候補として登録をしてもらうのが特徴です。

人材紹介会社としては登録してもらうことで人材バンクができあがるため、その中からクライアント企業の理想に合っている人材を探すという形で迅速な紹介が可能になっています。転職志望者としても公開されていない求人も含めて希望に合ったものを紹介してもらえるという点がメリットです。

人材紹介会社としては登録者を増やすために多角的なサポートを無料で提供しているのが通例で、転職に関する悩みの相談を受け付けたり、キャリアプランを立てるためのコンサルティングを実施したり、求人に応募するときに書類の添削や面接の質問対策をしたりしていることも少なくありません。

さらに企業との採用条件交渉や面接への同行、内定や入社後のフォローまでおこなっているケースもあります。このような手厚いサービスを人材に対して提供することにより人材バンクを拡大し、クライアントからの要望に応じて候補者を紹介できるようにしています。

両方を併用しているのが現在の主流

ヘッドハンティングを主業務としている業者の場合にはサーチ型に特化していて、転職エージェント型の人材紹介会社がおこなっているツール型は使わないというスタンスにしていることもあります。転職エージェントとの差別化を図るためのアプローチとして考えている場合が多く、それによって質の高い人材紹介ができるとアピールしているのが一般的です。

確かに登録制にして人材バンクを作り上げるツール型の場合には人材の質がかなりバラついてしまい、クライアントとしては無能な人材を紹介されてしまうのではないかという懸念を持ってしまいがちになります。

しかし、転職志望者が任意で登録できる仕組みにもメリットはあり、一般的なヘッドハンティング業者の候補者獲得のアプローチでは見つからなかった有望な人材が登録してくれる可能性もあるでしょう。また、候補となる人材を探すが人海戦術になることはなく、人材バンクを作り上げるコストをかなり抑えることが可能です。

このようなメリットがあることから、現在ではサーチ型とツール型を併用するのが主流になってきました。サーチ型の人材探索をするヘッドハンターを抱えつつ、転職エージェントとして登録した転職志望者にサービスを提供することにより、膨大な人材バンクを作り上げているケースが多いのです。

人材の獲得と紹介という業務に特化している業者だからこそなし得る合理的な候補者獲得の方法と言えるでしょう。サーチ型の人材獲得を促進するためにフリーランスのヘッドハンターと契約している業者も増えてきています。クライアントのニーズに応えるためにさまざまな方法を駆使するようになっているのが現状なのです。

 

ヘッドハンティング業者がクライアント企業のニーズに合う候補者を探す方法として主流なものは二つに分けることができサーチ型・ツール型と呼ばれています。サーチ型は古くからおこなわれているアプローチで、クライアントへのヒアリングをしたうえで適材を探すために人脈作りをする方法です。イベントへの参加や企業へのアプローチ、さらには業者として社内研修や人材教育のサポートをすることでコネクションを作り上げています。

一方、ツール型は転職志望者に登録してもらうことで人材バンクを構築する方法で、転職エージェントがよく用いています。登録するとさまざまなサポートを受けられるという形にして登録者数を増やし、企業からの依頼を受けて適材をその中から紹介するというのが基本です。現代ではこの二つを併用するのが主流になっていて、フリーランスのヘッドハンターと契約してさらに候補を増やす業者も多くなっています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧