IT業界に特化したヘッドハンティング会社をおすすめ比較5選でご紹介!【口コミでも評判の転職エージェント】

Boyd & Moore Executive Searchの口コミや評判

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/05/07

会社名:Boyd & Moore Executive Search

住所:〒104-0061 中央区銀座1-16-7 銀座大栄ビル 3階

TEL:+81-3-4550-2080

 

 

 

Boyd & Moore Executive Searchはアジア太平洋圏を広くカバーする人材獲得力を持ち、人材採用と市場参入の支援をしている会社です。

企業の採用活動をサポートするプロ集団として事業を展開していますが、どのようなサービスを受けられるのでしょうか。基本的なサービスの概要と利用プロセス、特色などを広く紹介します。

 

人材採用サポートにおける特色とは?

Boyd & Moore Executive Searchによる人材採用のサポートは、データ・ドリブンサーチをおこなっているのが特色です。人材採用競争は世界的に激化している状況があり、エグゼクティブ候補となるような優秀な人材を探し出すのは困難になっています。専門的な技能も多様化している影響で、企業が掲げている目的に合った人材かどうかの判断も難しくなっているのが現状です。

この状況下で企業のニーズに合った候補者を抜擢するために、Boyd & Moore Executive Searchではインハウスの人材データバンクを作成し、常に100人以上ものリサーチャーが人材を探しています。

データベースに含まれている人材が持っている専門性も多岐にわたっていて、ITやエレクトロニクス、メディカルやヘルスケア、オートモーティブやコンシューマーなどに広がっているのが特徴です。

さらにリーガル関連や人事、財務などのプロフェッショナルの情報も抱えているため、経営職や事務職、監査職などの人材獲得にも貢献できるようになっています。Boyd & Moore Executive Searchのデータ・ドリブンサーチはこの巨大な人材プールの中から厳選した人材を紹介できることだけが特徴ではありません。

基本的にはコンサルティングベースのサービスになっていて、採用すべき人材がどのような人かを市場データと豊富な経験に基づいて提案してもらえます。リサーチャーが集めるリアルタイムの市場データに基づき、好ましいと考えられる人材戦略を提起してもらうこともできるため、今後の人材獲得の方針を立てるサポートにもなるでしょう。

担当するコンサルタントは人材採用に関するノウハウをプロとして持っているだけでなく、業界知識が豊富で地域特性にも深い理解があります。新たな市場に進出したいという場合にも市場の特色に関するデータを参照し、どのような能力のある人材を確保すべきかを考えて人選をしてもらうことが可能です。

データ・ドリブンサーチによる人材紹介を受けるときには積極的なヘッドハンティングを実施してもらえるのも特色です。転職活動をおこなっている候補者だけに限定せずに広く人材をデータベースから探し出し、候補者をリストアップしてアプローチしてもらえます。

エグゼクティブ層のように転職活動をしているケースが少ない人材を獲得したいときには大きな力になる点です。結果としてBoyd & Moore Executive Searchはエグゼクティブの獲得における実績が高く、5年間で250人ものビジネスリーダーの採用を成功させています。

データ・ドリブンサーチは納得できる人材をスピーディーに獲得する上でも有用なアプローチであり、納期までに人材採用プロセスを完了させた割合も96%にものぼっているのが現状です。

 

データ・ドリブンサーチのプロセスとは?

Boyd & Moore Executive Searchがおこなうデータ・ドリブンサーチは次のようなプロセスを辿って進められていきます。まず、企業が依頼をした時点で専門のコンサルタントの担当者を当てがい、どのようなニーズを持っているかをヒアリングするのが最初の段階です。

いつまでにどのような人材を確保する必要があるのか、その目的は何なのかといった点を議論し、サーチをおこなう上でのタイムラインを策定し、ベンチマークを決定します。そして、ニーズの理解ができた時点でリサーチャーによる人材市場の調査が行われ、適任と考えられる人材にアプローチしてヘッドハンティングの候補者となるかを吟味するのが次の段階です。

このプロセスを経て集まった候補者を担当のコンサルタントが確認し、適材かどうかを評価していきます。この市場調査からスクリーニングと評価に至るまでスピードの早さがデータ・ドリブンサーチの特色の一つです。

複数の人材を獲得しようとしている場合にはこのプロセスを同時並行しておこなっていくことになります。そして、調査やスクリーニングの結果をクライアントに報告し、リストアップされた候補者の中からヘッドハンティングする人材を選定することで採用プロセスは終了です。

この時点でBoyd & Moore Executive Searchのサービスは終わりというわけではなく、さらにコンサルタントによって候補者の定着とアフターフォローが行われます。候補者が入社に至るまでのプロセスで問題が発生したときにはサポートし、入社後は定期的に連絡を取って満足しているところや不満な部分をヒアリングしているのです。

これによってヘッドハンティングした人材が新しい現場に定借しやすくなり、クライアントが目標として掲げていた事業への献身的な貢献をしてくれるようになると期待できます。

 

代表的な六つのサービスの概要と特色

Boyd & Moore Executive Searchでは企業に対して六つのサービスを提供しています。

一つ目がエグゼクティブサーチで、データ・ドリブンサーチに基づく経営陣クラスの有能な人材を紹介しているのが特徴です。日本国内だけでなく中国やインド、マレーシアやシンガポールなどのアジア圏にも強いのがBoyd & Moore Executive Searchの特徴で、各国の拠点における経営を牽引する人材をスピーディーに獲得したいというときにも有効活用できます。

二つ目に挙げられるのがインタリムタレントソリューションで、契約社員や派遣社員のサーチをしてもらえるサービスです。必要なときに適任者を迅速に採用できるように対応してもらうことができます。この場合にも独自の人材プールを活用できることから、無数の人材候補の中から能力や採用期間などを考慮して最適なプロフェッショナルを見つけ出すことが可能です。

三つ目に挙げられるサービスがプロジェクト採用で、プロジェクトを新たに立ち上げるときに必要なメンバーを最適な形で揃えてもらえるのが特徴です。地域的な面も考慮し、複数の国や都市にまたがる採用も、一拠点での大量採用にも対応しています。巨大な人材データベースを持っているからこそ、このようなプロジェクト採用も短期間で成し遂げられるようになっています。

四つ目は採用プロセスの最適化で、オンサイトでのコンサルティングやマネージメントをしてもらえます。社内で活動してもらえるため、細かなところまでプロの視点で改善を提案してもらえるのが魅力です。

五つ目に挙げられるのが市場参入のサポートです。主にアジア地域への市場拡大を目指すときに人材採用を起点とした総合的なサポートを受けられます。市場情報に基づく進出先の選定や現地法人の設立に関するアドバイスの提供、進出先の国の法律に合った経理システムの導入など、様々な支援を受けることが可能です。

六つ目は市場調査のサービスで、人材情報を探して欲しいという依頼をすると社内の人材バンクを参照して調査結果をレポートしてもらえます。人材発掘を行ったり、人材選考をする際の採用基準を策定したりするための有用な情報をスピーディーに獲得できるのが特徴です。

 

Boyd & Moore Executive Searchは人材採用のためのソリューションを提供している会社で、データ・ドリブンサーチに基づくスピーディーなヘッドハンティングができることが強みです。

巨大な人材データから適材を探し出すためのプラットフォームを独自に作り上げることで、適任者のスクリーニングを迅速におこなえるようになっています。エグゼクティブの紹介で特に実績が高いのがメリットですが、派遣社員などの獲得やプロジェクト採用などにも高い対応力を持っているのも特徴です。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧